月極本_表紙_1_fb とうとう完成しました、YADOKARIの月極本 第二弾。手前味噌ですが、編集部のみんなも最高の出来に震えています。。ぜひ手に取っていただけると嬉しいです! 今回も限定2000部での販売となります。お陰様で創刊号は約2ヶ月で完売となりましたので、ご興味のある方はお早めに!

▼ 詳細・購入はこちらから ⇒ https://spike.cc/shop/YADOKARI/products/6Heq0tYp

nasu-brooklyn-tub01 緑色の屋根からドーマー窓が二つ覗く白い家は、牧場が点在する那須岳の麓のロケーションによく馴染む。内部は思わず「集合!」と点呼してしまいそうな広いLDKと、表しになった屋根裏のスペースに想像力が掻き立てられる。

物件概要 エリア:栃木県那須郡那須町大字湯本 価格:700万円 建物面積:99.99坪 敷地面積:195.69坪 間取り:5LDK

物件の詳細情報・お問い合わせはコチラ

DSC_0064 東京の三鷹駅から徒歩12分ほど歩くと見えてくる三谷通り商店街。駅から少し離れたこの商店街に無人の古本屋「BOOK ROAD」がある。駅から少し離れた三谷通り商店街は、目立った観光スポットも見当たらないので、地元の人以外はなかなか訪れることがない場所だろう。

全国を探しても無人の本屋は数えるほどしかあるまい。なぜこのような本屋を営むことになったのか? 今回は「BOOK ROAD」を営む中西功さんにお話を伺った。

福岡出身ながら、大学入学を機に新潟市にやってきた迫さんは、市の助成制度を利用して友人とともにショップを立ち上げた。そして、迫さんたちを受け入れてくれた古町という商店街の活性化活動にも参加。さまざまなイベントを企画して、さびれつつあった商店街を「若者の街」に変えていった。

前編はこちら ⇒ 【インタビュー前編】空き店舗だらけの商店街に、よそ者が吹き込んだ風。「hickory 03 travelers」迫一成さんの挑戦

新潟市・上古町にあるhickory03travelers

新潟市・上古町にあるhickory03travelers

<プロフィール> 迫一成(さこかずなり) 1978年 福岡県生まれ。新潟大学人文学部卒業。2001年クリエイト集団ヒッコリースリートラベラーズを結成。「日常を楽しもう」をコンセプトに、新潟市上古町の店舗を拠点に、イラスト、グラフィックデザイン、ブランディング、ブライダル事業、印刷物の制作、Tシャツやグッズの制作、イベント主催、商店街活動、地域産業との連携など幅広く活動中。

kitchhike-movie-japan-thai3

グリーンカレーとそうめんの絶妙なコンビ!

世界の家庭料理を旅しよう!世界中の食卓で料理をつくる人(COOK)と食べる人(HIKER)をマッチングするWebサービス、KitchHikeです! 旅先で現地の人を訪ねて、世界中の食卓を実際に取材してきた模様を臨場感たっぷりにお届けいたします。

第6回目は、神奈川・辻堂に住むタイ人女性の食卓から!海の音が聞こえる街・辻堂にてタイ人女性ナッパさんに作ってもらったのは、タイ料理と、タイ料理をベースにした創作料理の数々です。

今回紹介するのは、建築・デザイン系の海外メディアで最近熱い注目を集めている「Roam Co-living」。ノマドライフを推奨する面白いコンセプトの共同居住プロジェクトだ。

「Sign one lease. Live around the world.(契約書にサインして、世界中に住もう)」という決まり文句通り、月々一定額の家賃さえ納めれば、世界中に点在するRoamネットワークの物件を好きに選んで暮らすことができるという。現在のところ、頻繁に利用しているのはラップトップひとつで仕事ができるクリエイターやIT起業家が多いのだとか。世界にまたがる「住む」コワーキングスペースというイメージに近いかもしれない。

来間島展望台 YADOKARIをご覧のみなさま、こんにちは。私の住む沖縄は「うりずん」という春の季節が過ぎて、暖かい風とともに降雨で植物が潤い、ところどころで花が開く美しい季節を迎えています。

今回は、沖縄の離島で暮らすクリエイターがいるという噂を聞き、絶景の島・来間島(くりまじま)へと向かいました。

宮古島の南西部に位置する「来間島」は、とてものどかで小さな島。小さな集落と畑、そして美しいビーチが点在し、対岸には東洋一美しいとも言われている「与那覇前浜」の白い砂浜が続いています。宮古島とは来間大橋で結ばれているので、車で渡ることができ観光の人気スポットとしても知られています。

「都会の生活で薄れてしまっているものがこの島にはある」そう話してくださったのは、来間島に住むデザイナーの大島康生さん。Webも、グラフィックも、映像も何でもテレワークでこなすだけでなく、ご自宅兼カフェの「島茶家 ヤッカヤッカ」も奥さまと経営されています。

青い海と白い砂浜にかこまれた来間島へ移り住み、クリエイターとしての新しいライフスタイルを日々発信する大島さんに、来間島でのライフスタイルやテレワークという新しい働きかたについて語っていただきました。

Top