21世紀の健康で文化的なミニマム

東京を冷やそう!

greentainer_dUasw_24429

広告代理店や外資系コンサルティング会社&ファンドに勤め、世界のあちこちに行きましたが、今年の夏の暑さは異常だった。

日本のみならず、世界中がおかしかったらしく、CNNでもBBCでも、異常気象のニュースを流していた。原因は世界的な海水温の上昇というのが共通見解である。わあ、ちょっと我々の手には負えませんね、それを根本から解決するのは。かと言って、エアコンで自分の身を守るだけでは、排熱で街をかえって暑くするばかり。内外の温度差で体調を崩してしまう。こんな暑さが毎年続くのでは、マジで人命に関わる。自然な涼しさが欲しい。なんとしても都市の温度を下げなくちゃ。

 

今こそ見直せ田園都市構想!


東京で言えば、明治神宮や白金の自然教育園に行くと、明らかにコンクリートジャングルとは違う爽やかな風と低い気温に救われる思いがする。木の葉が陽光を遮ってくれるだけでなく、呼吸と気化熱で温度だけでなく湿度も調整してくれる。より涼しいのは水田地帯。強い日差しにもかかわらず、天然のクーラーとして、外気温を下げてくれる。今こそ見直せ田園都市構想!!19世紀の遺物じゃなくて、21世紀の都市作りのカギだと私は思います。だがどうやって?東京のバカ高い土地のどこを水田や森林にするというのだ?その予算とモチベーションはどこにある??

 

屋上のペントハウスが東京を変える


そこでYADOKARIと考えてみました。ペントハウスが欲しくありませんか?「塔屋(とうや)」ですよ。屋根裏部屋が嫌いな子どもがいないように、大人のロマンで憧れますよね、ペントハウス。六本木ヒルズから東京の街を見下ろして、「反吐が出るほど汚い」と石原慎太郎・当時・東京都知事は仰いましたが、「それを何とかするのがあなたの仕事ではないのですか?」と焼けた鉄板のように熱いアスファルトの上を這いずり回る庶民として思いました。で、石原さんからバトンを受け継いだ猪瀬知事も何もしてくれないので、考えてみました。ビルの屋上を「特区(消防と固定資産税から)」にして、開放して、ペントハウスを自由に設けて良いことにしてくれませんか?そうしたら、YADOKARIが用意するステキなハウスをご用意致しますので。それに、快適に過ごしたいですから、周囲を緑化します。グーグルアースで見下ろす限り、でたらめな形のコンクリートの箱ばかりで埋め尽くされている東京ですが、これが緑に覆われたらステキだと思いませんか。それに、気温はてきめんに下がります。

「壁面緑化の著作権がどうの」とかのケチは言いません。パテントの主張なんかしません。ただ、ペントハウスを作り、併せてガーデニングを楽しんで、ただ、雨ざらしにされていた屋上を魅力ある空間に変えて、東京の夏を冷やしちゃおうと言う一石三鳥。新たな森の都としてリニューアルする東京。ただ、それだけを実現したいのです。まねしたい方にもノウハウは惜しまず公開します。

ビルの屋上の全部が全部、使えるわけじゃないけれど、できる範囲ででもペントハウスを作って良いってことになったら、都市の魅力アップですよね。24時間バスを走らすのも良いですけど、ペントハウスに住めるのなら、歩きで都心の生活が24時間楽しめます。それに、私たちはヤドカリ。ペントハウスはもちろん、緑化や水田もコンテナとかの上に作りますのでビルの建て替えとかがあるなら、早々に立ち去りますので、大家さんに迷惑をかけることはないと思うんですよ。とりあえず、期間限定のイベントとかプロジェクトで良いですから、ご配慮頂けないでしょうか。7年後に、オリンピック開催も決まったことですし、アスリートに涼しい夏を、来客に美しい街並みを提供して、世界を驚かせてみませんか?!

 

一緒に世界を変えてみる挑戦しませんか


「Yes! We can!」ですよ。一緒に世界を変えてみる挑戦しませんか。

屋上の遊園地を廃止したものの、その後の使い途を見つけられないでいるデパート(松屋上野店とか)、都心にビルをお持ちの方(森ビルとか三菱地所とか)、屋上水田化にあたり水回りに強い方(LIXILとか)、けっこうなところDIYでできちゃうのでそのパーツを売っている方(東急ハンズとか)、都心で野菜や米を作ろうとしている方(水耕栽培の野菜工場は結局の所、電照に頼るわけで、こちらの方が有望ですよ)その他、CSRの一環として東京の夏を冷やせたら良いなと思われる方々(東京都とか)、ぜひ、一緒にやりませんか?

協力を求めるのは、法人やお金持ちに限りません。「これ良いじゃん」と思う人は、文字だけじゃイメージがわきにくいのでイラストを描いてくれたり、アイディアを寄せてくれたりするとありがたいです<m(__)m>

ここでは「東京」をモデルに書きましたが、今年の夏の暑さに懲りた街であれば、世界中どこでも応用可能なプランです。

 

ご意見・ご要望をお待ちしております


「酔狂なプランだな」と思った人もいるでしょうが、私は、仕事は真面目にやりますが、「伊達」「酔狂」「道楽」な事こそが大好きで、本気で「ペントハウスと緑で東京を覆い尽くす」つもりでおります。

また、大概のプロと即座に話し合えますし、また、素人さんの意見を尊重して、ブラッシュアップするのも得意です。「イイネ」と思った方はぜひ、ご意見・ご要望をお寄せ下さい。お待ちしております。

ちいさな暮らしを知る・体験する・実践するためのメディア TINYHOUSE ORCHESTRA
月極本3 特集「好きなお金、嫌いなお金。」

Voice

Voiceはありません

Voiceを入力する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です