来間島展望台 YADOKARIをご覧のみなさま、こんにちは。私の住む沖縄は「うりずん」という春の季節が過ぎて、暖かい風とともに降雨で植物が潤い、ところどころで花が開く美しい季節を迎えています。

今回は、沖縄の離島で暮らすクリエイターがいるという噂を聞き、絶景の島・来間島(くりまじま)へと向かいました。

宮古島の南西部に位置する「来間島」は、とてものどかで小さな島。小さな集落と畑、そして美しいビーチが点在し、対岸には東洋一美しいとも言われている「与那覇前浜」の白い砂浜が続いています。宮古島とは来間大橋で結ばれているので、車で渡ることができ観光の人気スポットとしても知られています。

「都会の生活で薄れてしまっているものがこの島にはある」そう話してくださったのは、来間島に住むデザイナーの大島康生さん。Webも、グラフィックも、映像も何でもテレワークでこなすだけでなく、ご自宅兼カフェの「島茶家 ヤッカヤッカ」も奥さまと経営されています。

青い海と白い砂浜にかこまれた来間島へ移り住み、クリエイターとしての新しいライフスタイルを日々発信する大島さんに、来間島でのライフスタイルやテレワークという新しい働きかたについて語っていただきました。

0106_01 未来住まい方会議をご覧の皆さま、はじめまして。 南の島、沖縄よりコラムを書かせていただく事になりました。真崎莉緒と申します。

沖縄の碧い海に恋い焦がれ、温暖で心地よい気候に魅了され、何度も旅行を繰り返すようになり、ついに引っ越してきてしまいました。 海のそばに住まうこと、地方移住、地方都市の今……ローカルで見つけた様々な情報を皆さんにお伝えしてゆきたいと思います。