「未来住まい方会議 by YADOKARI」をご覧のみなさん、こんにちは。大分に来て2回目の春を迎えました小海もも子です。菜の花やモクレンの花がパァ〜っと咲き、大分はすっかり春めいてきました。

標高の高い場所では、まだ梅が咲いていました。

3月初め、標高の高い場所ではまだ梅が咲いていました。

さて、大分県別府市は竹細工が有名です。初めて大分に来た時も、他の地域よりも竹藪が目につくと思いました。大分県竹工芸・訓練支援センターもあり、竹細工職人がたくさんいます。そこで今回は、大分県由布市に住んでいる竹細工職人の三原さんご夫婦についてお話ししたいと思います。

「未来住まい方会議 by YADOKARI」をご覧のみなさん、こんにちは。大分に移住してとうとう1年が経ちました、小海もも子です。今回は、大分に居続けた理由と、農村で感じた命の循環をお話します。

私を保護してくれた家族が飼っていた日本ミツバチ。ほとんど刺すことはないらしく、見ていると可愛いです。

近所の日本ミツバチ。刺すことは稀らしく、見ていると一生懸命で可愛いです。

これは野津というところの田んぼ。あまりに綺麗に並んでいたので撮影。

これは野津というところの田んぼ。あまりに綺麗に並んでいたので撮影。

「未来住まい方会議 by YADOKARI」をご覧のみなさん、こんにちは。 大分に移住して約10か月になりました小海もも子です。今回は、私が感じた土地について、農村に馴染む方法についてなどお話ししたいと思います。

「未来の住まい方会議 by YADOKARI」をご覧のみなさま、こんにちは。夏が終り、だいぶ秋が深まってきましたね。この実り豊かな秋にちなんで、今回は食べ物の話をしたいと思います。

大分県臼杵市の田園風景です。稲穂の色づきは本当に美しいですね。

大分県臼杵市の田園風景です。稲穂の色づきは本当に美しいですね。

毎年春になると私は花粉症に苦しんでいましたが、今年は症状が出ませんでした。それは大分という環境のせいなのか、食べ物のせいなのかはわかりません。でも、見えない花粉への恐怖がなくなったことと、マスクを手放せることが喜ばしく、春の景色がきらめいて見えました。

由布市北大津留の棚田です。現在、稲刈り間近。

由布市北大津留の棚田です。現在、稲刈り間近。

はじめまして。昨年末から大分県に住み始めました小海もも子と申します。

大分県と聞いて、何を思い出すでしょうか。かつての私は、何も思い浮かびませんでした。位置関係も曖昧で、九州の真ん中あたりだったかな?と思っていたくらいです。九州もあまり行ったことがない私がなぜ大分に住むことになったのか、大分で何をしているのか、少しずつお話していきたいと思います。