pptu 北欧の「夏の家(サマーハウス)」を切り口に、豊かな暮らしとは何かを考えていくこの連載。最終回となる今回は、いよいよ日本での暮らし方・住まい方の展開や可能性を探っていきたいと思います。

pptu2 北欧の「夏の家(サマーハウス)」を切り口に、豊かな暮らしとは何かを考えていくこの連載。 第2回では、スウェーデンのものを中心に「夏の家」のさまざまな建築タイプについて見てきました。

「北欧の『夏の家』」と一括りに捉えていますが、その地域差、例えばスェーデンとフィンランドとデンマークで「夏の家」スタイルに違いはあるのでしょうか? また、北欧以外の国にも「夏の家」がありますが、気候風土が違うのですから、やはり建築タイプやスタイルにも違いがあるのでは? 第3回では、「夏の家」がどのように地域性を反映しているか、気候風土や文化との関係を探って行きたいと思います。

pptu4

北欧の「夏の家(サマーハウス)」を切り口に、豊かな暮らしとは何かを考えていくこの連載。 第1回では、「夏の家」が北欧の人々にとってライフスタイルの基盤のひとつとなるまでの、社会的・文化的背景について見てきました。 豊かな暮らしのヒントがありそうな北欧の「夏の家」ですが、具体的にどんな人がどんな「夏の家」を持っていて、どのように過ごしているのでしょうか? 第2回では、北欧の「夏の家」の所有率や建築のタイプやインテリアについて見て行きたいと思います。

pptu3

「世界一幸せな国」のヒントを探る —「夏の家」文化の背景とは

世界一幸せ、と言われる北欧諸国。北欧の雑貨や家具は日本の雑誌などでも頻繁に取り上げられ、「北欧スタイル=おしゃれ」というイメージが浸透していますが、北欧で暮らす人々のライフスタイルは、実際どのようなものなのでしょうか?