(c)Naoko Kurata

(c)Naoko Kurata

みなさま、こんにちは。オランダ在住ライターの倉田です。オランダにおけるタイニーハウスの先駆者である女性が、毎月1回オープンデーを開いているというので、10月の秋晴れの日に見学に行ってきました。今回は「タイニーハウスを建てて人生ががらりと変わった」というその女性のお話をしたいと思います。

(c)Naoko Kurata

(c)Naoko Kurata

みなさま、こんにちは。オランダ在住ライターの倉田です。特集コラムでも書かせていただきましたが、オランダはタイニーハウスに対する注目が非常に高い国。そのため、実際にタイニーハウスを建てると国内メディアに取材されたり、個人のSNSに大きな反響があるそうです。それに応えるように、「Open Dag」(オランダ語で「オープンデー」の意)を開催して自宅を開放してくれる人もいます。

つい最近タイニーハウスを建てたばかりの方がオープンデーを開催するという情報をキャッチしたので、さっそく見学に行ってみました。