IMG_1444

夏の終わりを感じる夕陽

観光シーズンが終わり、秋の足音と共に静けさが戻り始めました。 新島と伊豆大島では8/30〜9/14まで「第4回国際現代美術展 アートアイランズTOKYO 2014」が開催されています。今年のテーマは「時の航路」。展示場所は小学校や民宿、港の船客待合所などの街角です。 まずは「夏期限定の花火屋」のあいづやさんへ行ってみました。

IMG_0983 いよいよ夏休みシーズンが始まりましたね。新島の観光は夏の2ヶ月がメインなので、港も空港も観光客で賑わってきました。島民はといえば、お客様をお迎えするために大忙しです。

島民と共に島の入り口でお出迎えするコーガ石でできたモヤイ像。第1回目の記事でもご紹介しました。モヤイ像は島内に100体以上あります。私は「島の特産品のコーガ石と、島の言葉を組み合わせたオブジェ」と認識していたのですが、先日このモヤイ像には大後友市さんと多くの観光客の情熱が込められているのだと知りました。

IMG_0658 「人生とは旅であり、旅とは人生である」 この言葉は、中田英寿さんが引退時に書いたブログのタイトルです。 6月8日は、その言葉を思い出させてくれる一日でした。

Zemanta Related Posts Thumbnail YADOKARIをご覧の皆様、はじめまして。石原純子と申します。

今年の4月から大好きな新島で暮らし始めました。「新島ってどこ?」と思われた方と 「あー!懐かしい!」と思われた方がいるハズ。「新島」という単語を出すと、面白いほどにふたつの反応に分かれます。 まずはご存知無い方のためにご紹介しますね。

新島は東京から約150kmの伊豆諸島にあります。周囲41.6km。人口約2300人。竹芝桟橋より大型船で10時間半。ジェット船で2時間半。調布より飛行機で40分。のんびりと海の旅を楽しむもよし、早く島に着いて満喫するのもよし。海と空からアクセス可能な島です。