INFORMATION

YADOKARI meets『Hug Mug』Vol.10 冬号でYADOKARIメンバーが登場!

蜂谷智子プロフィールアイコン | 2014.11.5
  • facebookでシェア
  • ツイート

こんにちは。YADOKARIライターの蜂谷智子です。今回は番外編として、私がフリーランスのお仕事で、YADOKARIメンバーを取材した記事についてのお知らせです。

10月28日発売の、親子のファッションとライフスタイルを提案する雑誌『Hug Mug』で、YADOKARI共同代表のさわだいっせいさんと、DIYカテゴリライターの安藤嘉隆さんにご登場いただきました。

HM

HugMug』冬号のメイン特集は”お部屋でワンダフユ”。冬のお部屋ライフをまるごと楽しむアイデアコレクションです。

今回さわださんにご登場いただいた企画は”海外の可愛いお部屋、マネしてみました”。さわださんの逗子のお住まいを西海岸風にスタイリングしました。

kaigai

基本の家具やお家を選ぶ審美眼が確かなので、合わせる小物が映えます! 今年大注目の西海岸風インテリアを作るコツもイロイロ。詳細は本誌でお確かめくださいね。

アンディこと安藤嘉隆さんには“賃貸でもOK! 復元可能なDIY”という企画で、賃貸でも行えるDIYのノウハウを教えていただきました。

DIY
3つのアイテムの材料購入から製作までを一日で終わらせるという過酷スケジュールながら、自ら軽トラを運転し見事完成まで持って行ってくださった安藤さん。本当にありがとうございました! この特集で、読者ママがDIYの楽しさを知ってくれたら嬉しいです。安藤さんのDIY作品はセンスが良いので、これからのYADOKARI連載も楽しみにしています。

YADOKARI meets 『Hug Mug』の記事、とても楽しい仕上がりとなってますのでぜひお手に取ってみてください。私が担当したお部屋の特集以外にもホームパーティやファッションなど家族で楽しく冬を過ごすアイデアが満載です。

▼ アマゾンで購入
http://amzn.to/1GiOAfZ

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

蜂谷智子プロフィールアイコン

Writer 蜂谷智子

東京在住。教育系出版社に勤める一児の母。「学び」というと学生時代を思い出す人も多いのでは? でも人との出会いや、新しい分野への挑戦にも、学びがありますよね。この大きな意味での学びを得る体験を、私は「マナビゴト」と呼んでいます。

ここ数年、取材などで日本各地のワークショップや勉強会での取り組みを知り、新しいマナビゴトの波を感じています。昔ながらの知恵と新しいアイデアを融合する数々の試み。そこに未来の暮らしを豊かにする可能性があると思うのです。このコラムではそんな現在進行形のマナビゴトをご紹介していきます!

FB:tmkhachiya

蜂谷智子の執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。