INFORMATION / 採用情報

【YADOKARI新施設 オープニングアルバイトスタッフ募集!年齢不問・東京日本橋】

熊谷賢輔プロフィールアイコン | 2016.10.30
  • facebookでシェア
  • ツイート

bettara_3pp33

今回、YADOKARIの新しい空間「BETTARA STAND 日本橋」が、日本橋に12/2(金)グランドオープンします。ここを面白く使って、この地域に住む人々・働く人々との間に新しい会話が生まれる空間を作っていきます。

参考
元駐車場をタイニーハウスで再活用するイベント・キッチンスペース「BETTARA STAND 日本橋」 http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000013358.html

施設イメージCG 1(今後変更の可能性もあります)

施設イメージCG 1(今後変更の可能性もあります)

業態はイベント&キッチンスペースですので、ドリンク&フードのサーブや設営作業などを主に行っていただきます。しかし、それでは普通の飲食店やイベントスペースと何ら変わりはありません。

僕たちが求めているのは”日本橋で新しい文化を創造していく仲間”です。

イベント企画・運営、webライティング(日本橋サイト)、地域の方々への取材などもしていただけたらと思っています。昔から続く日本橋の良き文化を再発見するだけではなく、そこから自分なりの答えを見つけ出し、新しい文化を創っていくのがお仕事になります。

event

文化を創っていくのは人と人との繋がり。自から進んで歩み寄り、話しかけていくことで、会話という小さな文化が生まれていきます。人と会話することを恐れることなく、面白がり、自らがコミュニティビルダーになれる方を募集します。

募集
・カフェスタッフ業務
(イベント企画・運営、webライティング取材なども可能)

 

業務内容
・BETTARA STANDのイベント企画・運営
・BETTARA STANDサイトのwebライティング(日本橋サイト)、取材
・キッチン、お席のご案内・テーブルの片付け、お会計など

 

求められるスキル
・コミュニケーション能力(相手のことを知ろうとする力)
・自分から進んで課題を見つけ、解決しようと行動ができる
・タイニーハウス&小屋に興味がある
・唐揚げが好き

 

雇用形態・報酬
・アルバイト
・時給950円〜
*業務内容により時給UPします

 

出勤日数・時間
週2〜/1日3〜8時間
*交通費支給

 

応募資格
年齢不問

 

会社情報
YADOKARI株式会社

 

勤務地
東京都中央区日本橋本町3-10-1 BETTARA STAND 日本橋
http://bettara.jp

 

募集期間
2016年12月末日  応募締切
※採用予定人数 4〜5名

 

選考プロセス
■選考プロセス
自己紹介をメールにて送付してください

通過者のみ面接(履歴書・志望動機持参)

1週間以内に合否結果通知

採用決定

■応募方法
「bettara@yadokari.net」へ「自己紹介」を送付してください。

YADOKARIとともに日本橋を盛り上げて頂ける方のご応募をお待ちしております。

YADOKARI株式会社 共同代表/共同創業者 (右)さわだいっせい (左)ウエスギセイタ BETTARA STANDマネージャー(中央)熊谷 賢輔

YADOKARI株式会社 共同代表/共同創業者 (右)さわだいっせい (左)ウエスギセイタ BETTARA STANDマネージャー(中央)熊谷 賢輔

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

熊谷賢輔プロフィールアイコン

Writer 熊谷賢輔

1984年、横浜生まれ。法政大学文学部英文学科を卒業後、東京3年+札幌3年間=6年間の商社勤務を経て、「自転車で世界一周」を成し遂げるために退社。世界へ行く前に、まずは日本全国にいる仲間達に会うべく「自転車日本一周」をやり遂げる。その後は、初めて経験するフリーライターの仕事を始めながら、自転車のことをもっと知るためにサイクリングショップにて勤務。2015年6月からアラスカ州アンカレッジより、自転車世界一周をスタート。旅をしながら仕事をする、新しいワークスタイルを実践中。
目指すべき方向性は、「人xものxコト」が上手く循環する文化を創造すること。「コト」がある前に、「もの」があり、「もの」がある前に「人」がある。そして「人」は「コト」に心を動かされる。
今の私の場合は「熊谷 賢輔x自転車x世界一周」。自分が作り出す「コト」で誰かの心を動かしたい。

FB:熊谷賢輔
HP:【個人サイト】るてん

熊谷賢輔の執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。