• Chako Amano liked 蜂谷智子 comment. (So far, 蜂谷智子 has 2 likes for this comment) 3 weeks, 6 days ago

    0
  • Chako Amano‘s profile was updated 1 month ago

    0
  • コンパクトで機能的なキャンピングカーは山ほどある。美しい手づくりのトレーラーも探せばある。でも、その両方を備え、かつ環境への負荷が少ないものとなると、その最先端を行くアメリカでもなかなか見つからなかったという。そこで、「ないなら、自分たちで造ろう」ということになり、このユニークなトレーラーが誕生した。

    開発したのは、ワシントン州にあるHomegrown Trailers社。形は人気のティアドロッ […]

    0
  • ロンドンのカムデンと言えば、荘厳なビクトリアン様式のテラスハウスの並ぶ、高級住宅街。その裏庭には、手入れの行き届いた花壇や、きちんと剪定された樹木が美しく配置され、子どもが遊ぶ芝生のスペースもたっぷりとある。でも、だからと言って、勝手にテラスをつけたり、小屋を建てたりすることはできない。裏と言えども、景観を保持するための規制が厳しいのだ。

    そんな規制をうまくクリアしたのが「Shadow Shed」。その名の通り、影のよ […]

    0
  • 2つの全く業種が異なる会社が、ひとつのオープンスペースをシェア。しかも、時期によってオフィスに詰める人数が変動、となれば、通常なら可動式の間仕切りパネルなどを使ってプライバシーを守ることになるだろう。

    でも、背の高いパネルを置いてしまうと、せっかくの広々とした空間が小さく区切られてしまう。しかも、自然光や窓からの景色を楽しめるのは窓際にいる人たちだけだ。

    そこで、バルセロナの建築事務所ZEST Architectur […]

    0
  • もともとのアイデアは「週末に愛馬ジョージの世話をしに来たときに休憩する納屋」だったという。ポンプやファームの道具をしまえれば十分という素案が次第に発展し、ステキなウィークエンドホーム「Pump House」が誕生した。

    「Pump House」はメルボルン郊外の牧草地に建つ。シンプルで美しく、かつ安価でという条件のもとで、Brand Studio Architectsが設計し、建築は大工であるオーナー自身が手掛 […]

    0
  • Chako Amano‘s profile was updated 4 months, 1 week ago

    0
  • Chako Amano changed their profile picture 4 months, 1 week ago

    0
  • 「毎晩、流れ星を見ながら、眠りにつくの」と嬉しそうに話すのは、カナダのソルトスプリング島に住むRebecca Grimさん。ヨガの先生であるRebecca さんは、森の奥に佇む我が家を「Keva 」と呼ぶ。「純粋・シンプル・平穏」という意味のヒンディー語 kevala からとった名だという。

    その名の通り、「Keva Tiny House」はいたってシンプルだ。15㎡の […]

    0
  • 子どもは小さな空間が好きだ。テーブルの下、押入れの中、階段の隅とわざわざ狭い場所を見つけては、縮こまって、本を読んだり、空想にふける。そんな時間が思う存分すごせそうな、かわいいハウスがある。

    このカラフルで、ファンキーなハウスを作ったのは、アメリカ・マサチューセッツ州のカブスカウトの子どもたちだ。デンリーダーがたまたまタイニーハウスの専門家だったことから、資金調達のプロジェクトとして「牛乳パックで鳥の餌 […]

    0
  • アメリカ・ワイオミング州の山あいに、美しいリゾートFiresideがある。広い敷地内に並ぶ23軒のタイニーハウスは、どれもおしゃれでスタイリッシュだ。夏は避暑を求めた客が、冬はスキー客が、プライベートなひとときを楽しむという。

    なかでも、3 m✕12 mの「Wedge Cabin」はモバイルハウスの規定サイズ内のため、トレーラーとして移動することもできる。外壁と天井には雪フェンスだったシダー材を再利用し […]

    0
  • 日当りのいい家は、みんなの理想だ。窓から差し込む光は、部屋も心も明るくしてくれる。でも、窓の向きによっては、朝日が入らないこともあれば、午後の西日も差し込まないということもある。そして、冬はありがたい日差しだが、暑い夏は遮るのにひと苦労。そんな悩みに応えてくれるのが、この「359」だ。

    ターンテーブルの上に建つ「359」。正面の大きな窓の位置を、夏は日陰に、冬は日向に合わせることで、一年中、快適に過ごせ […]

    0
  • 都会の喧騒に疲れ、リセットしたくなったとき、どんなところへ足が向くだろうか。アメリカ・オレゴン州の森の中に、そんなときに訪れたくなるような、小さなキャビンがある。樹木の間にひっそり佇む「Signal Shed」は、余計なモノをはぎ捨て、自然と一体になる喜びを教えてくれる。

    「Signal Shed」は、ポートランド市に住むMariah Morrow さんとRyan Lingardさんが手がけたD […]

    0
  • キャンピングカーの旅は自由だ。走りたいだけ走り、好きな場所で泊まれるキャンピングカーは、大自然の中での原体験を可能にしてくれる。そんな旅をより快適にしてくれそうなトレーラーを紹介しよう。

    Teardrop (涙のしずく)型トレーラーは、大型の角ばったものにはない、美しい曲線がウリだ。この「Vintage Overland Teardrop」は、ドアや窓はもちろんのこと、内部の仕切りもすべて曲線でできている。丸い […]

    0
  • スコットランドと言えば、ウィスキーやジンの本場。そのハイランド地方の森の中に、小さなジンの蒸留所がある。2015年に最優秀「納屋」賞を受賞したこの建物は「納屋」と呼ぶには大き目だが、蒸留所としてはいたって小規模。周辺に自生しているジュニパーベリーを手で摘み、その量に合うだけのジンを丁寧に製造している。

    そんな手づくりジンにふさわしく、建物もすべて手づくり。ボロボロだった鶏小屋を改造するのに2年以上か […]

    0
  • メルボルン在住でアクセサリーのデザイナーのPierinaさんは、林の中にアトリエを持つことが夢だった。彼女は、車で1時間半ほどのところに理想の土地を見つけたのだが、山火事が多発するオーストラリアでは、山林内での建築に関する規制が厳しく、工事開始の許可を得るまでに1年半もかかったという。

    しかし、ファームの納屋を改造するという名案のおかげで、時間もコストも削減することができた。内装はシンプルなモノ […]

    0