• 中島 功二 さんが新しい投稿「モジュラー型ボックスホテル「DROP box」」を公開しました。 1 month ago

    スペインで、マドリードに次いで2番目に人口が多い都市バルセロナ。世界的スターであるリオネル・メッシを擁する、サッカーチームのFCバルセロナが有名だが、なんといっても、アントニオ・ガウディがデザインし、未だに建設中の世界遺産サグラダ・ファミリアが、建築家のみならず、毎年多くの外国人が訪れる歴史的観光地として有名だ。今回紹介するスモールハウスは、そんな歴史的建造物が多いバルセロナで、有機的な建築思想とは対極にある、モジュ […]

    0
  • Airbnbで訪問者数No1.とされているツリーハウス、「Mushroom Dome Cabin ( マッシュルーム・ドーム・キャビン ) 」があるのは、アメリカ西海岸のカルフォルニア州アプトス。ロサンゼルスとサンフランシスコの間に位置して、サンタ・クルーズのすぐ東側にある自然[…]

    0
  • 海に沈みかけているようにみえるコンクリートの物体、これが「海底レストラン」だと思う人は、ほとんどいないのでは?

    この危うげなレストランがあるのは、スカンジナビア半島最西部に位置する、ノルウェー最南端にあるBåly (バーリー) 村の海岸。
    「海底レストラン」というと、水族館などに併設してあることが多く、海の環境も安全が確保されているイメージがある。しかし、今回の「レストラン・Under」は、周りには何もない自 […]

    0
  • 「世界で最も住みやすい都市ランキング」で、常に上位に入るオーストラリアのメルボルン。そのメルボルンのビクトリア州にあるスモールハウスは、シンプルな切り妻屋根と、黒と黄色のコントラストが印象的な外観で、総面積は19.0平方メートル。

    設計・建築を手がけたのはPeter Maddison(ペーターマディソン)で、biophilia (バイオフィリア) という考え方に基づいてデザインされている。「biophilia」 […]

    0
  • アメリカ合衆国・ネバタ州のヘンダーソンに住むJilan Wise (ジラン・ワイス) とその夫Josh Farley (ジョッシュ・ファーレイ) が、20,000USD (約200万円)以下の予算で、必要最小限の暮らしを実現した。

    この「Blue Baloo Tiny House (ブルーバルータイニーハウス)」と名付けたタイニーハウスの総面積 […]

    0
  • 南半球にあるオーストラリアといえば、通称「エアーズロック」と呼ばれる、世界遺産で有名な「ウルル」をまず思い浮かべる人が多いのでは。「ウルル」は、原住民アボリジニーにとってはとても神聖な場所とされ、2019年10月26日から観光客向けの登山が禁止となることでも話題になった。

    広大な土地を誇るオーストラリアの全人口の80%は、海辺に近いところに住んでおり、砂漠の多いアウトバックに住む人の方が少ない。 […]

    0
  • ここロシアの最西部に位置するサンクト・ペテルブルグは、ソビエト時代はレニングラードとよばれ、バレエや音楽、プーシキンやドストエフスキーなどの文学、そしてエルミタージュ美術館など芸術都市としても有名な大都市である。5月下旬から7月中旬にかけて太陽が沈まない「白夜」になることでも有名だ。スカンジナビア半島のフィンランドや、バルト三国のエストニアにも近いことから、「北欧文化」や「スカンジナビア」文化の影響も受けている。 […]

    0
  •  

    中国随一の経済都市といわれる上海は、人口が2400万人を超え世界一人口の多い都市でもある。人口の4割ほどが外部からの居住者で、国際都市としての側面もある。

    「中国4000年の歴史」といわれる中国において、上海の歴史は実はそれほど古くはない。13世紀ごろにようやく街として整備されていき、14-17世紀くらいから貿易の主要な港として発展してきた。
    1843年アヘン戦争後にはイギリス、アメリカ、フランス、 […]

    0
  • 中国で観光都市として有名な貴州省は、年間平均気温が15.2度くらいで、冬や夏も過ごしやすく中国の避暑地としても有名な場所だ。そんな貴州省にある铜仁市は、昔ながらの中国の文化や建物が残り、とても美しい伝統的な田舎の風景が見られる地域。そんな中国の原風景が残る場所に、Woodhouse (ウッドハウス) ホテルという、アグリツーリズムリゾートが誕生した。

    アグリツーリズムとは都市部に住む人が農村に滞 […]

    0
  • フランスには、パリを流れるセーヌ川を始め、リヨンのローヌ川、トゥールーズのガロンヌ川など有名な川が多数あり、古くから運河を中心に発展してきて、その運河網は約9,000Kmに及ぶとも。中でもフランスの中央部を流れるロワール川は、長さ1,012km、流域面積117,054 ㎢で、フランス国土の5分の1を占めるといわれている。そんなロワール川の河口域、フランス西部にある Vendée (ベンデ) 地域の大都市ナントが、今回 […]

    0
  • 一面真っ白な雪景色の中、丸太が積み上げられたように見えるのは、なんと、ログチャペル。このチャペルが建っているのは、南ドイツのニュンヘンベルグ、ストゥーツガット、ミュンヘンなどの大都市に囲まれ、ちょうど真ん中に位置するunterliezheim (ウンターリッツェイム) 。

    遠くから見て、ほとんどの人がチャペルだと気づかないのでは、と、思えるこの個性的なログチャペルは、 john pawson(ジョン・パウソン)[…]

    0
  • ここはヨーロッパ最西端の国、ポルトガル。ワインの産地としても有名で、特にポルトガル第2の都市「ポルト」で生産された「ポルトワイン」は、通常のワインとは違うフルーティーな感じのワインで、世界中にファンがいる。今回の舞台は、そんなワイン産業が盛んなポルトのほど近く、Guimarães (グイマラエス) という町にあるワイナリーの小さなゲストハウス。

    Andreia Garcia Architectural […]

    0
  • アメリカ・コロラド州にあるロッキー山脈の美しい風景を背にして、個性的な佇まいのトレイラー型のスモールハウスが建っている。このスモールハウスのオーナーは、 デザイナー・建築家としてすでに活躍しているGreg (グレッグ)と Stephanie Parham (ステファニー・パーハム)で、今までにも様々なスモールハウスやモバイルハウスを作ってきたが、今回は自分たちのために制作した。

    アンティークな雰囲気の木 […]

    0
  • 東ヨーロッパの北部、バルト三国最北端の国エストニア。港湾都市でもある首都タリンは、フィンランド湾に面する主要都市でもある。
    最近では、画期的な通話システム「Skype」を生んだ国としても有名。ブロックチェーン大国としてIT関連の動きも活発なこの国で、Kodasema (コダセマ) というプレハブ会社が、スタイリッシュでモダンなタイニーハウスを制作している。

    プレハブ型タイニーハウス「KODA」を制作し […]

    0
  • 19世紀の農家の家をリノベーションした、シックでモダンなスモールハウス。建っているのは、北欧・スウェーデンのBjäre 半島で、首都ストックホルムよりも、デンマークのコペンハーゲンに近い自然豊かな場所。

    休暇用に建てたという、約50平方メートルほどのこの小さなバケーションハウスの名前は「Kvarnhuset (クバーンフ […]

    0
  • 庭の片隅にある日当たりのよい小屋は、フランスの首都・パリに本拠を置くJCPCDR アーキテクチャがデザインした、作曲のための作業部屋。クライアントは、最近フランスの田舎に家族で引っ越したミュージシャンで、「リラックス […]

    0
  • スカンジナビア半島にあるノルウェーで、今に語り継がれる北欧神話は、16世紀フィンランドから東ノルウェーのフィンスコーゲンの森に移り住んだ移住者が、多くの伝説や民話を作り出したものである。

    このツリーハウスのようなスモールハウスは、The Oslo School of Architecture (ザ・オスロ・スクール・オブ・アーキテクチャー) の先生でもある エスピン・スーネヴィックが、北欧神話にインスパ […]

    0
  • 人口増加や、経済不安から、住宅費用を抑える傾向にあり、タイニーハウスの需要が世界的に高まり続けている。特に、アメリカ人の半分以上が、約30畳程度の家の購入を検討しているというデータも出ているほどだ。中でも、ミレニアル世代の63%はコンパクトな家に興味を持っているという調査結果も出ている。

    さて、今回のモバイルハウスは、目の覚めるような鮮やかなピンクのトレーラー。

    このトレーラーのオーナーで […]

    0
  • ここはアメリカ合衆国の南部、テキサス州。メキシコ国境沿いのこの州は乾燥した広大な平野が広がり、まさにカーボーイの世界を連想させる。「日本と違いアメリカは全てのスケールがビッグだ」と言われることが多いが、特にここテキサスはそれを肌で感じることができるところだ。

    今回のスモールハウスのビルダーであるライアン・マックラフリンは、そんな広大な土地でミニマリズムな理想郷を生み出した。彼はもともとデジタル製品のデザ […]

    0
  • ブラジルの首都サンパウロの近くにあるサオ・ローレンソ・ダ・セラという村の森の中に、キュービック型のスタイリッシュなキャビンがひっそりと佇んでいる。この「Chalet L」(シャレー・エル)と名付けられたスモールハウスを建築したのは、ブラジルのサンパウロに本拠を置く建築会社のSilvia Acar Arquitetura  (シルビア・アカール・アーキテトゥーラ)。「Chalet」とはフランス語で山小屋を指す言葉だが、 […]

    0
  • Load More