MESSAGE

「意欲」を上げて、リスクを取ってでも前進する力を発揮するには何が必要なのか?

zou

ちまたでは、

「創造性(クリエイティビティ)がこれからは大切だ」

などと言われることがある。

実に抽象的なので、少し具体的に考えてみようと思う。

脳科学では「創造性」というのは、
前頭葉の「意欲」と、側頭葉の「経験」の
「掛け算」であると言われている。


「創造性」=「意欲」×「経験」

「経験」は良いとして、
「意欲」を上げることは難しいように感じる。

「意欲」を上げ、リスクを取ってでも
前進していくためにはどうしたらいいのだろうか?

それは自分の中にセキュア・ベース(心の安全基地)があればあるほど、
その分だけ「意欲」を持って前進できるようだ。

セキュア・ベースと意欲との関係は脳の発達段階から言われている。
(※セキュア・ベースとは?http://goo.gl/UsvAL

日本人の場合は、セキュア・ベース(心の安全基地)が、
「組織、肩書き、お金」という形を取ることが多かった。
それは、今も色濃く残っているかもしれない。

本来、意欲を上げ、リスクを取ってでも前進していくための
セキュア・ベース(心の安全基地)は
「経験・知識・人間関係」であることが望ましい。

なので、

■家族含めた身近な人達との繋がり・絆を深めること
(信頼と安らぎの関係)

■興味・関心のあることを放置せず学び続けること
(学問と体験の両方)

それが、あなたの「意欲」に変わり、
前進させる力になることは間違いない。

たまに、地位や名誉やお金を頑張って手にしたのに
空虚感に襲われてしまう人たちがいる。

これは、セキュア・ベース(心の安全基地)である
「経験・知識・人間関係」を育むのではなく
何かしらのトラウマや恐れを「意欲」と勘違いしたまま
突き動かされていたことに追々気が付くようだ。

そうして結局はセキュア・ベース(心の安全基地)を
見直し育むところに戻ってくるようだ。

当たり前のことのように聞こえるが、
そういうことに気がついて実践している大人は少ないし、
もちろん学校でも具体的には教えてくれない。

YADOKARI自身も、住まいに興味を持ち、
建築素人ですが探求を続けています。

そして、住まいを通して家族や身近な大切な人たちが
笑顔でいられるライフスタイルを提供できるよう
邁進していこうと思っています。

「あなたの大切な人達との関係はどうですか? 」

「心にある興味・関心は何ですか? 」

それらを「意欲」に変え、悔いのない今を、一瞬を。

何かのきっかけになれば幸いです。

ちいさな暮らしを知る・体験する・実践するためのメディア TINYHOUSE ORCHESTRA
月極本3 特集「好きなお金、嫌いなお金。」

Voice

Voiceはありません

Voiceを入力する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です