世界の小さな住まい方

学生たちの夢を創造する紙のパビリオン「shigeru ban’s paper pavilion」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2014.9.5
  • facebookでシェア
  • ツイート

この写真をぱっと見ただけでは、なんだか畑にある大型のビニールハウスのように思えます。でも、室内には会議用のテーブルと椅子が置かれている様子から、どうやらビニールハウスではないようです。では、いったい何なのでしょう?

実はこれ、れっきとした建造物で、しかも躯体は再生段ボールのロールで組み上げられているというのだから驚きます。興味をお持ちの方ならご存知かと思いますが、段ボールのロールは相当な強度を持っています。だから、このパーツを使った家具もあったりするほど、でも建物となるとちょっと聞いたことがありません。

この紙のパビリオンは日本の建築家・坂茂氏が、2000年に開催されたハノーバー万博の日本館に使われていた段ボールのロールを再利用して、24人の留学生と一緒に建築したもの。フランス中部にある古い果樹園に置かれています。

sigeruban02
雨風に耐えるように、アルミニウムとガラスのファザードで囲い、防水シートを採用してほぼ恒久的に使用できる設計を採用しました。建物の中に入ると、連続する天井と壁面のほぼ180度に配された円形の窓からはフランスの明るい外光が差し込み、何かバンブーをイメージさせるような温かいインテリアになっていることが分かります。

sigeruban01
sigeruban03
こんな会議室でミーティングをすれば、きっと創造的な意見が集まり、いろんなプロジェクトがうまくいく。素敵な発想から生まれたスモールハウスの傑作です。

Via:http://www.designboom.com/

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。