世界の小さな住まい方

どんな気候や地形にも対応可能、世界中の被災者を支える災害用住居「GRID」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2014.9.17
  • facebookでシェア
  • ツイート

北米の平和の女神にちなんで名付けられた「GRID」は、なんと素人が組み立てても3時間半で構築することができる緊急時用の住居です。世界の被災地で使用する為に、もともとインド洋の大津波をきっかけに、オーストラリアの建築家CarterWilliamsonによって考案されました。

最大10人が利用可能で、屋根に取り付けられた太陽電池で電気を作り、屋根の背面の雨水タンクに屋根の水を集め、太陽熱温水システムを利用し温水を作ります。

GRID3
睡眠の為のロフトもあり、シャワー設備は衛生のため、外部の金属デッキに配置されています。また、ほぼすべての気候や地形に適応し組み立てられるような設計になっています。さらにグリッドは、災害の直後だけではなく、人々の暮らしを長期的に支えるスペックを持っています。

GRID4
グリッドは緊急時の住居とはいえ、テントなどの短期的なものではなく、安全性やセキュリティーを持ち合わせ、生活を再建していく長期的な住居を提供できます。長期的に使用することで、自治や村を構成することも可能になりそうです。

GRID6
大きな地震、台風や竜巻による強風など気候の自然現象の変化によって起こる自然災害や、人為的な原因によっての人災は、常に身近にあります。もし災害が起きたとしても、グリットは世界中の被災地の多くの人々の生活を長期的に、力強く支えてくれそうです。

GRID5
Via:http://inhabitat.com/

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。