世界の小さな住まい方

自給自足可能な近代的プレハブ「CAPA」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2014.9.21
  • facebookでシェア
  • ツイート

物理的に永久に建設不可能な場所であったり、経済的に建設が難しかったりするときがあります。今回ご紹介するのは、意図によってほぼ無限に反復可能で結合可能な近代的なプレハブ「CAPA」。この建物は、既存のインフラストラクチャとして組み合わせることも、独立して使用することも可能です。

さまざまな目的で使用することができる「CAPA」は、ポルトガルの建築会社「Cannatá & Fernandes」によって開発されました。

Self Sustained Module2
蛍光灯、高度な照明制御システム、一般的な使用の電気プラグ、電話、セキュリティアラーム、太陽光発電パネルと余分なエネルギーを保存することができる太陽電池が付属してあります。

Self Sustained Module3
また、トイレと小さなキッチン、最大3日間使用できる500リットルの水タンクが付属しています。ハイブリッドインバータモジュールは、ディーゼル発電機に接続されることを可能にし、水の加熱は、ソーラーパネルを介して供給されるので、独自のエネルギー供給が可能です。このように組み込みの基礎、構造、水、下水道や電気システムを完備しているので、自給自足が可能なプレハブといったところでしょうか。

Drawing1 Model (1)
仮設住宅、自然観測所、バーや小さなお店など様々な用途がありそうですが、自給自足が可能なので、特にインフラへのアクセスが限られている地域では有効に使えそうですね。

Via:http://cannatafernandes.com/
http://www.floornature.com/

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。