世界の小さな住まい方

浮き立つ泡のような近未来の温室「Invisible Garden House」

EMMAOSLOプロフィールアイコン | 2014.9.29
  • facebookでシェア
  • ツイート

あなたの庭に、ちっちゃくておしゃれな温室を建てましょう!雨や風からしっかり身を守ってくれる「Invisible Garden House」は、デンマークの建築会社Simon Hjermind Jensenがデザインしたもの。そのクリアな外観は、芝生にぷかりぷかりと浮き立つ泡のようです。庭を窮屈に見せることのない、レースのようなトウメイ感で、最高のキッチンガーデンを演出してくれます。

3つのドームが連なったユニークな形状のこの温室は、風の通りも調整できてグッド。中は太陽熱でぽかぽかなので、涼しい夏の日だけでなく、春先や晩秋でも利用できます。気候条件に左右されることなく、アウトドア気分を味わえるのがうれしいですね。

Invisible-Garden-House-04
真ん中の大きい部屋には床板が敷いてあって、その上にチェアやテーブルを置くことができます。ドームの高さは、それぞれ2.4m、2.7m、3.2m。素材は、耐久性のよいUVカット仕様のポリカーボネートでできています。

Invisible-Garden-House-02
Invisible-Garden-House-05
場所やニーズに合わせて自在に組み立てられる、ちょっと近未来的な温室。今回は個人の庭に設置していますが、パブリックスペースで活用するのもアリみたいです。いずれにせよ、普通の家庭菜園ではもの足りない、やる気がしないという方にはぴったりのガーデンハウスです。こんな異空間で熟した果実をまるかじり。一度、やってみたいものですね!

Invisible-Garden-House-03
Via:http://shjworks.dk/projects/

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

EMMAOSLOプロフィールアイコン

Writer EMMAOSLO

世界の小さな住まい方ライター担当。

大学、大学院と現代美術史を専攻。ミニマルアートのことばかり考えて過ごし、その流れでYADOKARIに行きつきました。

「どんなスペードもハートを内包しているように、ミニマリズムにも独自の温かさがある」をモットーに、ミニマルハウスの新たな可能性を模索中。

HP:emmaoslo

EMMAOSLOの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。