世界の小さな住まい方

部屋に居るのにまるで外。開放的過ぎる家「Refugio en Malalcahuello」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2014.9.13
  • facebookでシェア
  • ツイート

辺り一面の雪を横目に吊り橋のような階段を進む。階段は森の奥へと続く。一段、また一段と歩みを進めるたび、あなたの視界は緑と白に包まれてく。行き着く先には、1面すべてがガラス張りの家があった。

kaidann
小屋の名前は「Refugio en Malalcahuello」。チリにある建築事務所のMC2 arquitectos によって2013年に設計されました。
「Refugio en Malalcahuello」は、チリの原生林のような森の中で、アラウカリアスとオークの木々に囲まれて存在しています。外装はダークブラウンで統一され、周りの木々に溶け込んでいます。小屋の窓からは、小さな滝が覗け、窓は、少し傾斜しています。「見え方」に工夫を凝らしたことが伺えます。

窓からの開放的な風景をみると、敷地面積が50㎡(約15坪)であることが信じられません。まるで外にいるかのようで、「自分はいま家の中に居るのか?」と疑ってしまいそう。薪ストーブの熱を肌で感じ、それに目を向けた時に始めて、「ああ、ここは家の中か」と気付きそうです。

IMG_1204-2
ここまで開放的では、落ち着いて寝られない。なんて方はご心配なく。
寝室は、見えないところに隔離されています。屋根裏のようで屋根裏でない開放的な空間で。ぐっすりと眠れることでしょう。

MALALCA-INT-5
気分転換に使ったり、感覚を研ぎすまそうと瞑想に使ったり、「Refugio en Malalcahuello」には、たくさんの使い方がありそうです。
あなたならば、この家でどんな時間を過ごしますか?

malalcahuello-mc2arq-06
malalcahuello-mc2arq-05-300x240
Via:
http://mc2arq.cl/
http://www.archdaily.com/

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。