世界の小さな住まい方

自然に溶け込んで自立する「Pump House」

野原海明プロフィールアイコン | 2014.10.18
  • facebookでシェア
  • ツイート

湖畔に建つ小さなガラス張りの家。とても洒落た外見ですが、もともとはポンプなどの農機具を収納する小屋として設計されたものだったのです。しかし、クライアントが週末に自分の馬を連れてこの地を訪れ、ちょっとお茶を飲んで一息つける場所を必要としていた為に、最終的にはこんなくつろぎの空間として提供されることになりました。

オーストラリアの農村にあるこの小さな家は、Branch Studio Architectsによって設計されました。当初の役割とは移り変わりましたが、「飾り気のない堅牢な小屋」という、もともとのコンセプトはそのまま活かされています。見るからに頑丈そうな、黒いトタンが張られた外壁に対し、室内は木材ボードを使ったやわらかく暖かなつくりで、まるで繭に護られているような安心感があります。

pump3
pump5
前後の壁は完全にガラス張りになっていて、この家の小ささを忘れさせてくれます。湖に面するキッチンとリビングは、室内のフローリングと外のデッキがそのまま一体化しているので、部屋の中にいながらにしてアウトドア気分が味わえます。中央のバスルームが室内を二分しており、もうひとつの田園に面した側がベッドルームとなっています。

pump6
こんな大自然のど真ん中で、ライフラインはどうしているのでしょうか。ご心配なく。暖房は薪ストーブ、電気はソーラーパネル、さらには雨水を集めるタンクも備え付けられています。
都会から切り離され、自然のなかにぽつんと建つ小さな家。小さくても贅沢過ぎる空間です。

pump7
via:
www.ignant.de

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

野原海明プロフィールアイコン

Writer 野原海明

世界の小さな住まい方ライター担当。

のはらみあ。小説家。コンテンツライター、図書館司書、ときどき歌手。呑んべえ。

1984年群馬県生まれ。ちょっと変わった高校、尾瀬高校自然環境科の卒業生。利根村の農家にホームスティをして高校3年間を過ごす。お世話になったのは築100年にもなるという茅葺き屋根の家。かつての味噌蔵を勉強部屋と寝室に改築してもらった。

大学進学のため都内へ引っ越し、都市生活を5年間体験したが、海と山がある暮らしが恋しくなって2009年夏、鎌倉へ移住。小さいけど温かいコミュニティと、自然のある暮らしがやっぱりいい、と思う。

2012年、小説「コメリナ・コムニス」Kindle版を出版。文芸喫茶「まるくす」所属。同人に川村力、田村元、湯田陽子。

FB:mia.nohara
TW:@mianohara
HP:醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明の執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。