世界の小さな住まい方

家族の結びつきを大切にしたホリデーホーム「Micro Cluster Cabins」

Micro Cluster Cabins 01
日本と欧米、国は違えども、どんな人も家族の結びつきを大事にする。そんな家族の集まりを大切にしようとノルウェーに建てられたのが、ホリデー期間を皆で過ごすためのキャビン、「Micro Cluster Cabins」だ。

日本でお盆や年末年始といえば、家族が集まる時期でもある。 皆で集まってわいわいがやがや、多くの人達が楽しい時間を過ごした思い出があるだろう。 久しぶりに会う顔ぶれが揃い、それぞれの近況を報告し合ったり、ご馳走に舌鼓を打ったりして、限られた時間を一緒に過ごす。
実は欧米にも似た様な風習があって、彼らにとって重要なイベントはクリスマス。毎年クリスマスには、どんなに遠くに住んでいようと皆で顔を合わせるのだ。それ以外でも、春先のイースターや夏休みなどを利用して集まる家族もたくさんいる。

Micro Cluster Cabins 02
ノルウェーの南、海岸沿いに建てられたMicro Cluster Cabinsは、首都オスロを中心に活躍する建築事務所、Reiulf Ramstad Arkitekterによって設計建築された。建設依頼主の夫婦には成人した息子が2人おり、それぞれ家庭を持っていて、共に近々子供が生まれる予定だった。
そこで、ホリデー時期に家族全員で集まれる別荘が欲しいと、 ホリデーホームとなる別荘の設計建築を依頼。そして2014年に出来上がったのが、床面積70㎡のキャビンスタイルのホリデーホーム「Micro Cluster Cabins」だった。

Micro Cluster Cabins 03
Micro Cluster Cabinsは、3つの三角屋根の建物が並んだ構造になっている。真ん中が共同で利用できるキッチン兼リビングスペースになっていて、その両側に2つのベッドルームが建てられている。
3つの建物は、隣接されていながら、出入り口が個々についている。そのため、他の家族に邪魔にならないように、好きなときに出入りができるようになっている。ましてや子供がいる家族なら、寝た子を起こさないように部屋を出入りできるのは嬉しい作りだ。

そして、「家族で集まる」というホリデーの重要なイベントは、真ん中の共同スペースで行うことができる。共同スペースのキッチンで料理して食事を共にするのもいいし、寒い日には皆で集まって、温かい飲み物でも飲みながら家族の思い出話に花を咲かせてもいいだろう 。

Micro Cluster Cabins 04
誰しも、短い時間を一緒に過ごすことには限りがある。そんな限られた時間を大切な家族と一緒に過ごせるMicro Cluster Cabinsは、彼らにとって一生の思い出を作ってくれる場所になるだろう。

Micro Cluster Cabins 05

Via:
archdaily.com
designboom.com
dezeen.com
reiulframstadarchitects.com

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

アプティグラフト佳菜プロフィールアイコン

Writer アプティグラフト佳菜

アメリカ在住。現在、アメリカの大学にてジャーナリズムを専攻し、学位取得を目指す。普段大学では、社会問題や法律に関係した記事を中心に執筆。

アメリカに移住してからというもの、アンティーク&ヴィンテージのグラスウェアや小物の収集に明け暮れ、他にも、時間が出来ると布小物を製作したり、写真撮影をしたりと、あちこちに手を広げては時間が足りないのが悩み。

将来は、とにかく日本語と英語でどんな記事でも書けるマルチなジャーナリストになれるよう、日々修行中。

アプティグラフト佳菜の執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。