世界の小さな住まい方

ひとりで過ごす大人の時間、湖の小さな書斎「Professor’s Micro Study Pod」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2014.11.28
  • facebookでシェア
  • ツイート

nyu professor micro office tub01
仕事や日常に追われる毎日の中、時に無性に誰もいない場所で一人静かに過ごしたい。情報化社会と言われる現代の大人たちにとって、現実から逃避できる空間はとても貴重なものです。

ニューヨーク大学で教鞭をとるクライアントの希望も、そんなシンプルな望みをかなえる小さなキャビンでした。そこで依頼を受けたビルダーのDerekは、クライアントの所有するニュージャージーの土地に広さ約3㎡の廃材を利用した小さな書斎を作りました。

壁にランダムに並べられたカラフルな端材はこれまでの現場で集めておいたもの。サイドの壁にはめられた大きめの二重窓と壁のライトは道路脇で見つけたお宝、フローリングは解体された築100年の家からと、使えるものはできるだけ再利用するのがDerek流。

ちょっと面白いのがアメリカ版100円ショップで購入したというパスタ用の水切りを使ったオレンジ色のライト。アメリカで60年代に流行したスパゲッティーランプとかけていたら面白い???

nyu professor micro office tub02
nyu professor micro office tub03
フロントの半透明なポリカ波板は上に持ち上げてオープンな空間にすることも可能。ここで試験の採点はもちろん、読書するも良し、コーヒー片手にただボーっとするも良し。この現代版の庵で過ごすひとときは、池のほとりの風景とともに、クライアントの心を束の間癒してくれることでしょう。

ちなみにこの書斎、材料費、工賃、すべて込みでお値段1,600ドル。これくらいのサイズなら、本格的なタイニーハウスを作る前の腕試しとしてDIYでチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね!

nyu professor micro office tub04
Via:
relaxshacks.blogspot.jp
jetsongreen.com

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。