世界の小さな住まい方

プレハブ住宅の概念を壊す、貨物用コンテナサイズのミニマルな離れ「The Milan」

The Milan 01
「プレハブ住宅」と聞くと簡素な作りの建物が思い浮かぶ。しかし最近では、お洒落な作りのプレハブ住宅が増えてきていて、どこにでも設置できる手軽さと自由に組み合わせることができるアイディアで人気だ。
この「The Milan」と呼ばれるプレハブ住宅はユニークで、貨物用コンテナと同じ大きさながらコンテナを使用せずに建てられた建物なのだ。

The Milan 02

オーストラリアに拠点を置くNova Deko Modularは、世界各国や都市名を模したプレハブ住宅を多く生産していて、イタリアの都市ミラノと名付けられた「The Milan」もその一つ。Nova Deko Modularの建物は、貨物用コンテナ自体を使用せずに「コンテナと同じ大きさ」というところにこだわっている。
貨物用コンテナハウスも昨今ではプレハブ住宅と同じくらいに人気なのだが、素材には断熱材が入っていないことが多い。そこでNova Deko Modularは、組み立て自由な「貨物用コンテナと同じ大きさ」という利便性と、「快適な家」の両方を融合させた建物を作り上げた。

The Milan 03

The Milanは、貨物用コンテナと同じ面積の29.7㎡の細長い建物になっていて、それぞれベッドルーム、リビングルーム、シャワー付きバスルーム、それにウォークインクローゼットもついている。キッチンはダイニングルームとリビングルームと一緒だが、キッチンが縦長の建物の中央に位置しているため、料理中に誰かがダイニングルームやリビングルームでくつろいでいても邪魔になることはない。

The Milan 04

オプションで屋根付きデッキも取り付けることができるので(下の写真参照)、天気の良い日はリビングスペースのドアを全開にして、デッキ部分で外の風景を楽しみながらパーティや食事もできるようになる。それに、窓もたくさんついているで、細長い建物ながら息苦しさを感じさせない作りになっている。

The Milan 05

The Milanのような建物は、「祖父母などが住む離れ」という意味の「granny flats」と呼ばれ、実際は二世帯住宅やゲストハウスのような役割を果たしている。メインの家とは別に小さめの家を敷地内に建て、家族が住んだりゲストが泊まったりできるのだ。しかし、こんなスタイリッシュなプレハブ住宅なら居心地が良すぎて、メインの家そっちのけで住んでしまいそうだ。

The Milan 06

Via:
smallhousebliss.com
novadekomodular.com.au
treehugger.com

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

アプティグラフト佳菜プロフィールアイコン

Writer アプティグラフト佳菜

アメリカ在住。現在、アメリカの大学にてジャーナリズムを専攻し、学位取得を目指す。普段大学では、社会問題や法律に関係した記事を中心に執筆。

アメリカに移住してからというもの、アンティーク&ヴィンテージのグラスウェアや小物の収集に明け暮れ、他にも、時間が出来ると布小物を製作したり、写真撮影をしたりと、あちこちに手を広げては時間が足りないのが悩み。

将来は、とにかく日本語と英語でどんな記事でも書けるマルチなジャーナリストになれるよう、日々修行中。

アプティグラフト佳菜の執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。