世界の小さな住まい方

展示フロアを浸食するアート、木の根に諸行無常を見る「Transarquitetonica」

佐藤英太プロフィールアイコン | 2014.12.29
  • facebookでシェア
  • ツイート


名称未設定2ブラジル出身のアーティストHenrique oliveira は、今年(2014年)サンパウロで、それはそれは巨大な作品を作り上げた。作品名は「Transarquitetonica」、普段は地中にあって見えない、木の根っこを丸ごと地上に持ってきたような外見だ。長さはなんと73mもあり、おとぎ話に登場する蛇のような巨大な怪物にさえ見えてくる。

 名称未設定
フロアに展示してあるというよりも、建物が「侵食されている」といった表現の方が妥当だろう。床から天井にのびる真っ白な柱にこの怪物のような作品が絡み付いている。絵画や彫刻を吟味する気分で見に入ったら間違いなく面食らうほどの存在感を持っている。

09
この作品の注目すべき点は、アートの世界に誰もが浸れることだ。気持ち的に浸れるのではなく、読んで字のごとく本当に浸れるのだ。実際に中に入って鑑賞をすることが可能だ。中に入ると景色は一変し、洞窟を探検しているような気分になる。音・香り・壁面の肌触り、感覚器官をフルに使った体験型のアートだ。

01
実はこの作品、木材を再利用してつくられている。骨組みに貼付けてあるのはただの木の板だ。木の板の一枚一枚が、肌のようになっている。

03
造形的でかつ、会場全体を巻き込んだ絵画のようでもあり、さらに文字通り「浸る」こともできる。そして再利用品でつくられている。ただの木の板が怪物のような造形に姿を変えているのだ。

見方によっていろいろな解釈ができるこの作品からは、「常に同じ状態であるというのは不自然なのかもしれない」というメッセージを感じる。

Via:
nationaltraveller.com
henriqueoliveira.com

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

佐藤英太プロフィールアイコン

Writer 佐藤英太

世界の小さな住まい方ライター担当。

新潟うまれ新潟育ち、お米とお酒が大好き。長野県松本市在住。ゲストハウスのヘルパースタッフ兼フリーライター。
ものづくり→森づくり→木工職人→農のある暮らしへと関心が移り今に至る。学部時代は「感性工学」に興味があり、心理学と情報処理を専攻していた。「考えること」が好き。「美しいもの」が好き。
キーワードは「農的暮らし」「旅」「表現」。
農的暮らしは、在り方として健全で、美しい。旅をしたいのは、美しいものを見たいから。自身の中にある「美しい」を余すところなく表現したい。今後は高知県に移住し、「農的暮らし」に挑戦する予定。日々の暮らしや感じていることをブログで発信している。

FB:佐藤 英太
HP:エータノート

佐藤英太の執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。