世界の小さな住まい方

脆弱な社会に警鐘を鳴らす、アメリカ人作家による避難所の集合体「Home in the weeds」

石井敦子プロフィールアイコン | 2015.1.14
  • facebookでシェア
  • ツイート

Cyr-tweed05
地震、津波、火山の噴火、台風、洪水、豪雪…。日本でここ数年で起きた自然災害をざっと挙げてもこれだけある。日本列島は火山列島でもあり、同時に台風の通り道でもある。この国は他の地域と比べても圧倒的に自然災害の起きやすいリスクの高い環境条件にある。
考えてみると、いま享受しているこの豊かな暮らしを、いつ災害で失ってもおかしくないほど危険な日本という国に私たちは住んでいる。

そんな災害大国に住む我々にとっても興味深い個展「Home in the weeds」が同じく過去何度も大地震に見舞われたことのある米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催された。

ケビン・シルはブルックリンを拠点に活躍するデザイナー兼アーティストだ。過去に彼はショッピングカートの上から必要に応じてテントが飛び出す仕組みになっているキャンピングカー「キャンパーカート」や自転車の後ろにキャンピングカーをつなげた「キャンパーバイク」など人力移動にこだわったビンテージテイストの避難所作品を発表してきた。

彼が今回「Home in the weeds」で発表したのは、将来起こりうる最悪のシナリオのための避難所の集合体である。自転車が動力のトレイラー、羽目板でできたテント、廃材から作られたテント、放射性降下物のための塹壕シェルターなどだ。

「Home in the weeds」はこの社会の脆弱さと切迫しつつある破滅への予感に対するシルのリアクションである。自然災害、失業、ケガやそのほかの不運によって我々の人生は大きく変えられてしまう。そこでシルが探求したかったのは避難所がこれらの激動の時代に人々の心に安らぎを与え得る可能性だ。

「Home in the tweeds」を直訳すると雑草の中の家という意味になる。自然災害でそれまで住んでいた地域や住居から追い出された人々が何もない、のっぱらに急ごしらえの避難所を構える。この個展ではシルはリサイクル品やビンテージ材を最悪な事態の場合の安全な避難所に変貌させた。そして住まい、自己保存、移動性、潜伏性、保護主義への楽観的な概念を探った。

ここでいくつかの作品をご紹介していこう。最初の避難所は、彼の過去の作品「キャンパーカート」や「キャンパーバイク」を彷彿とさせるローリーの三速自転車に引かれたキャンピングカーだ。内部には子供の頃にキャンプ旅行を彷彿とさせるヴィンテージアイテムが取り揃えてある。

Cyr-tweed03
Cyr-tweed04
Cyr-tweed06
Cyr-tweed07
次の作品は移設が可能ながら、不動のキャンバステントだ。内部は羽目板の壁面とフローリングになっており、薪ストーブまである。

Cyr-tweed08
Cyr-tweed09
Cyr-tweed10
Cyr-tweed11
Cyr-tweed12
三つ目が、ありあわせの材料で作った掘っ立て小屋だ。これは都市要塞として構想し、同盟国と通信するためのCBラジオが装備され、周囲の様子や武器の装備を確認するためののぞき穴もある。

Cyr-tweed13
Cyr-tweed14
Cyr-tweed15
Cyr-tweed16
最後にご紹介するのが、地下に造られたシェルター、塹壕だ。このシェルターには生存必需品が備わっている。放射性降下物に対する耐性や実用性については不明だが、原発事故を目の当たりにした我々からすると、実に切実な展示のひとつではないだろうか。

Cyr-tweed17
Cyr-tweed18
これ以外にもシルは図面、絵画、シルクスクリーンやシェルターの写真などを展示している。これらの補助となる作品によって展示してあるシェルターに込めたメッセージやそこに住む人々のストーリーがより明確に伝わるようになっている。

Cyr-tweed02
自然の驚異の前では我々人間はもろく弱い。そんな当たり前のことを忘れがちな我々に彼の作品が訴えるもの。いかに希望が見えない状況でも手に入れたものでできる限り居心地の良さや心の平安を得るかというのは人間が生き延びるにあたってとても重要なことだ。

つい大きな災害があったことものど元過ぎれば熱さを忘れがちな私たちだが、もう一度あの時に立ち返って足元を見つめる機会となりうるだろうか。「Home in the tweeds」の日本での開催も期待したい。

Via:
inhabitat.com
kevincyr.net
designboom.com
vimeo.com
kevincyr.net
inhabitat.com

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

石井敦子プロフィールアイコン

Writer 石井敦子

世界の小さな住まい方ライター担当。

1970年東京生まれ、鎌倉育ち。幼少から未知の世界を求めて三輪車で近所を徘徊。米国への留学をきっかけに徘徊の規模が世界へと広がる。好奇心旺盛で、異文化への興味は特に強い。お呼びがかかれば、インドの結婚式にも馳せ参じるフットワークの軽さと、虫以外はなんでも食べる食欲がウリ。異国の住民目線の生活を好むため、旅の手段も現地人の家に転がり込む居候型。世界中で家族を増やす計画を実行中。鎌倉在住。好きな言葉「Nothing is useless(人生に無駄な経験なし)」

TW:@azkoishii
HP:Nomad Azko的世界放浪

石井敦子の執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。