世界の小さな住まい方

車で引いてどこへでも、若きファーマーの住まいは7㎡の極小コテージ「Gnomadik Micro Cottage」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2015.2.10
  • facebookでシェア
  • ツイート

Gnormadik-tub-02
「ドナドナドーナードーナー、おうちをのーせーてー」。2014年の初夏、7㎡のとても小さなモバイルコテージがアメリカ北部のオーカス島へ向けて出発しました。有名な童謡のかわいそうな子牛と違い、小動物のようにかわいらしいこの小さなおうちは、なんだかとても嬉しそうにゴトゴトと車に揺られ、ビルダーの元から新天地へと旅立って行くのです。

2013年、アーティストやエンジニア、職人から構成されるバンクーバーのGnomadik Homesから、約7㎡のとても小さなモバイルコテージが発表されました。

Gnormadik-tub-11
記念すべき第一号のオーナーはカナダとアメリカの国境近く、ワシントン州オーカス島でハーブティーやハーブを使ったケア製品のファームを営むRyan Morrisさん。
Gnomadik Homesに寄せられたメッセージには、「この家で過ごす時間の全てがとても幸せで、刺激に満ちている」と、愛らしいこの新居との蜜月を心から楽しんでいる様子が綴られています。若きファーマーをそこまで虜にしてしまった小さなキャビンとは一体どのようなものなのでしょうか?

はぜ継ぎのシルバーの屋根に、トタン波板と杉板を貼り分けたサイディングがどこか北欧の家を想わせる素朴な外観。
個性的なデッキの手すりと同様、斜めにくり抜かれた明かり取りのガラスが印象的なドアを開けると、折りたたみ式のテーブルとソファーを兼ねた、ダイニングチェアーの一画が目に飛び込んできます。

Gnormadik-tub-03
エントランス方向を見て右手はガスコンロを置くカウンターと高級パイン材を使用したタッチオープン式の引き出し収納、左手には小さな冷蔵庫と水のタンク、装飾的なエッジングが施された銅の蛇口とサラダボウルを使ったシンクが玄関ドアを挟んで向かい合わせに配置されています。

Gnormadik-tub-04
Gnormadik-tub-07
この小さな住まいにはいたる所にエキゾチックな雰囲気の彫刻が施され、ミニマルでありながら、実用一辺倒に傾くことを良しとしない職人の遊び心が感じられます。そこには「家はとてもパーソナルなものだから、住む人の個性を反映させたものであるべき」というビルダーのAdamさんの哲学が反映されているようです。

Gnormadik-tub-08
玄関ドアの真上にあるロフトへは、コンロ脇の壁から突き出た小さな踏み板で上ります。子供だったら大喜びしそうなこの階段、大人は慣れるまで少し戸惑ってしまいそうな微妙な位置にあります。ここは省スペースの宿命と割り切り、童心に返って楽しむ方が勝ち、といったところでしょうか。

バスルームとトイレも7㎡にはさすがに入りきらなかったらしく、Gnomadik Homesでは希望に応じてシャワーブースとトイレの別棟をオーダーすることができます。

見た目はとてもかわいらしいこのコテージですが、カナダの厳しい冬の寒さの中でも快適に住めるよう、屋根と壁の断熱はもちろん、窓は木製サッシのペアガラス、床にはサーモスタット付きの床暖房が標準装備されています。

気になる家の販売価格は約19,000ドル、別棟は約10,000ドル位になる見通しといいます。別棟を除く本体の製作費だけなら約8,000ドルでできたという話を聞くと、家を持つことが身近に感じられますね。

家を持つタイミングは本来人それぞれなはず。「持ち家」を大上段に構えずに、今を楽しむ自分だけの家を持つという人々は、タイニーハウスの普及とともにこれからも増えていくことでしょう。オーカス島のファームで気持ちの良い風を受けながら、今日もこの小さなキャビンは主人の帰りを静かに待ちわびているのかもしれません。

(文=伊藤愛)

Via:
facebook.com/gnomadik
gnomadik.com
tinyhouselistings.com

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。