世界の小さな住まい方

眺望は最高!屋根が開く、三角お屋根のツリーハウス「The Sky Den」

石井敦子プロフィールアイコン | 2015.2.17
  • facebookでシェア
  • ツイート

Skyden01-620
丸と三角と四角を組合わせて作ったこの積み木のようなツリーハウスが今回ご紹介する「The Sky Den」だ。Denとは隠れ家。大きな木にまたがったツリーハウス。訪れる人々はここに隠れて森に生息する生き物を観察したり、森を通して大自然を堪能できる。

このツリーハウスが作られたきっかけは、イギリスのテレビ局「チャンネル4」の人気番組「ジョージ・クラークの驚きのスペース」の企画だった。この番組では、独創的で風変わりな構造の建築が紹介される。

デザインを担当したのはウィリアム・ハーディー。ハーディーは丸、四角、三角とそれぞれの特徴を生かしながら、アウトドアを楽しみつつも充実した居住環境を兼ね備えたツリーハウスを設計した。

中央に構えた四角い形の建物はこのツリーハウスの居住空間のメインとなっている。片面には大きなガラス扉と広いバルコニーが設けられている。そこからは下方に流れる川を見下ろせる。室内は多目的スペースとなっており、機能的なキッチンや二つのシングルベッドを含む壁に収納できる折り畳み式の家具、デッキから入れるバスルームなどが作られている。

Skyden02
Skyden04
丸い部分は屋根でトタンを材料としている。ここは屋根だけが設置された風通しの良いオープンなスペースだ。半円の中にはダイニングテーブルや椅子、薪ストーブが備え付けられている。ここではピクニックやお茶ができる。森を眺め川のせせらぎをBGMにこんな開放的なスペースで食べる食事はさぞかし美味しいことだろう。

Skyden05
Skyden06
最後に紹介するのが、この家の中で最もユニークな場所でもある三角屋根の部分だ。ここへ行くには、デッキから繋がる階段を上る。室内には二つの布団があるのみだ。三角屋根は天気のいい日は全解放することができる。空に開かれたスペースで森の清々しい空気を胸いっぱいに吸い込みつつ、瞑想や物思いにふけるのもひとつの過ごし方だろう。屋根に設けられた窓からは日中は太陽がさんさんと差し込み、夜には街の明かりに邪魔されない満天の星空を観ることができる。

George-Clarke-Treehouse-Amazing-Spaces-Jane-Field-Lewis-6
キールダーウォーター(イギリスの湖)とフォーレストパーク内にあるカルバート・トラストのメインアクティビティーセンターから少し歩いた場所に位置する「The Sky Den」。自然を純粋に楽しみたい人々や家族連れや野生動物愛好家たちに喜ばれる宿泊施設として利用されている。

泊まってみたいと思われた方、予約を受け付けているそうなので、イギリスに行く機会があったらこちらのサイトから問い合わせてみてはいかがだろうか。http://skyden.kielder.co.uk/index.html

Via:
thetinylife.com
skyden.kielder.co.uk
canopyandstars.co.uk

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

石井敦子プロフィールアイコン

Writer 石井敦子

世界の小さな住まい方ライター担当。

1970年東京生まれ、鎌倉育ち。幼少から未知の世界を求めて三輪車で近所を徘徊。米国への留学をきっかけに徘徊の規模が世界へと広がる。好奇心旺盛で、異文化への興味は特に強い。お呼びがかかれば、インドの結婚式にも馳せ参じるフットワークの軽さと、虫以外はなんでも食べる食欲がウリ。異国の住民目線の生活を好むため、旅の手段も現地人の家に転がり込む居候型。世界中で家族を増やす計画を実行中。鎌倉在住。好きな言葉「Nothing is useless(人生に無駄な経験なし)」

TW:@azkoishii
HP:Nomad Azko的世界放浪

石井敦子の執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。