世界の小さな住まい方

子どもの心を取り戻す大人の空間、3つのポッドを連結したスコットランドのツリーハウス「An Off-grid Treetop Hideaway by echo living」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2015.3.21
  • facebookでシェア
  • ツイート

tree
スコットランドの広々とした農場の木々の間に建てられたツリーハウスは、3個の大中小のポッドを組み合わせたデザインで、細長い足が生き物のようだ。

B-M_YPXIMAA7ByJ (1)
treehouse7
メインポッドは3m×3.5mの寝室とキッチンダイニング。中間の大きさのポッドにはバスルームがつながっている。最小ポッドにあるコンポストトイレは独立している。スコットランドでは珍しい、日本でいうところの「バス、トイレ別」の間取りだ。最小ポッドには他に太陽光発電用の設備などがおさめられている。

j
コルゲートパネルを使用した屋根部分。厚さ200mmの壁面には、140mmの羊毛製防音・断熱材が設置され、室内の温度は快適に保たれている。壁は一枚板ではなく、熱を貯めてゆっくりと空気中に放出する合板を採用し、メインポッドにはウッドストーブもあるので寒さ対策は心配ない。
このツリーハウスはオフグリッドハウスでもあり、電気とお湯は250wのソーラーパネル2台によってまかなわれる。

treehouse11
バスルームはバスタブとシンクのみのシンプルな構造だ。もともとカップル用にデザインされているので、メインポッドに続くドアを開けておくと、湯船につかりながら、リビングにいるパートナーとの会話も楽しめ、一人でゆっくりしたいときには、ドアを閉めればプライベートな空間になる。

treehouse6
treehouse8
内部のインテリアはパステルカラーでとてもポップ。キッチンも小さいが必要な設備は揃っている。テーブルとイス、二人掛けソファーもあるのでゆっくりと寛げそうだ。
明かり取り用は50個以上もの小さな窓になっている。これは木々の間からこぼれる木漏れ日を表現したものだそうだ。
寝室には天窓がしつらわれ、朝にはベッドに横になったまま太陽の光を楽しむことができる。また、夜には月明かり、星明りも楽しめる。このツリーハウスがよりそう木は、冬には葉を落とす広葉樹で、ラッキーな滞在者はハウスからオーロラが見られるかもしれない。

treehouse3
treehouse 10
このツリーハウスにはオーナーの意向により、あえてテレビとwifiは設置されていない。豊かな自然の中で、デジタルデトックスな休日を過ごせるように、との配慮からだそうだ。
ツリーハウスというと子供が楽しむものと思いがちだが、この家は子供の心を取り戻したい、大人のための贅沢なツリーハウスである。

treehouse4treehouse1

(文=加藤聖子)

Via:
echoliving.co.uk
houzz.com

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。