世界の小さな住まい方

住まい方に決まりはない。お家が丘に、丘がお家に「Mountain Dutch」

佐藤英太プロフィールアイコン | 2015.3.26
  • facebookでシェア
  • ツイート

名称未設定
丘の中に家があるのか家が丘になっているのか。このお家はオランダにあるDenieuwegeneratieという事務所によって設計されました。古くから農地として管理されていた土地に建てられています。

まるで作物を植えるような感覚で設計したのでしょうか。ある面から見ればお家で、反対側から見ると窓付きの丘に見える。土を掘って地中に住んでいるかのようです。

Dutch-Mountain-02-800x466
12×19mのオープンスペースは、内装を大胆にアレンジできるようになっています。これは年月の経過を考慮して設計されています。例えば子供が大きくなったとき、部屋を足す必要があるかもしれません。また反対に部屋の数を減らすことがあるかもしれません。

機能もさることながら、斬新なのは丘そのものに見えるデザインです。Denieuwegeneratieにとって「小さく住まう」ことは、周りの環境に負荷を与えない(景観を乱さない)といった意味を含みます。整地をせずに、何本かの支柱で支えたお家は多く見かけますが、土地そのものに潜り込むお家は目新しいですね。

Dutch-Mountain-06-800x599
「溶け込む」をとび越えて「景観そのもの」になるといった発想は、住まい方のヒントになるかもしれません。あるものを使うというよりは、あるものに「なる」とでもいいましょうか。

名称未設定2
Dutch-Mountain-05-800x698
住まい方に、決まりはないことを教えてくれるようなお家ですね。

Dutch-Mountain-08-800x599 Dutch-Mountain-03-800x525
Via: freshome.com

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

佐藤英太プロフィールアイコン

Writer 佐藤英太

世界の小さな住まい方ライター担当。

新潟うまれ新潟育ち、お米とお酒が大好き。長野県松本市在住。ゲストハウスのヘルパースタッフ兼フリーライター。
ものづくり→森づくり→木工職人→農のある暮らしへと関心が移り今に至る。学部時代は「感性工学」に興味があり、心理学と情報処理を専攻していた。「考えること」が好き。「美しいもの」が好き。
キーワードは「農的暮らし」「旅」「表現」。
農的暮らしは、在り方として健全で、美しい。旅をしたいのは、美しいものを見たいから。自身の中にある「美しい」を余すところなく表現したい。今後は高知県に移住し、「農的暮らし」に挑戦する予定。日々の暮らしや感じていることをブログで発信している。

FB:佐藤 英太
HP:エータノート

佐藤英太の執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。