世界の小さな住まい方

緑とレンガが温かい、ガラス張りの8角形タワーハウス「The Tardis」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2015.4.6
  • facebookでシェア
  • ツイート

tardis-tiny-house-001-600x600
ガラス張りでサンテラスのような外見のその家は、オーストラリア メルボルンの町の中に建っている。
周りにはもちろん家が立ち並んでいるが、庭には木々があり、緑が目にやさしい。

建物には合板とレンガが使われている。家の中にもレンガが使われていて、温かで素朴な雰囲気を醸し出している。

小さい家の課題はスペースの有効利用だ。この家にはスライド式のドアが採用されていて、わたしたちにはなじみ深いつくりである。一階のドアを開けるとすぐにスライド式の階段があるが、この階段はバスルームのドアも兼ねている。バスルームは合板で作られているため、掃除など管理には注意が必要だろう。

tardis22
tardis25
外に設置された螺旋階段をあがると直接2階に行くことができる。2階の入り口には小さいスペースがあるので、ここも有効利用できそうだ。2階は八角形をしていて、そのうちの5面がガラス張りのため、太陽光をいっぱいに取り込むことができる。部屋に入ると一段高くなったところにミニキッチンがあり、ベッドは段差の中に隠されている。ベッドを使わないとき、段差はイスやテーブルの代わりに使えるようになっている。日本のように朝起きたら布団を上げて、ちゃぶ台でご飯を食べる、そんなイメージだ。家具を減らし、目線を低くして暮らすことで、狭さを感じないよう工夫されている。
1階のバスルーム以外のスペースには収納棚が備え付けられているが、使い方には工夫がいるだろう。あなたの想像力が試されそうだ。

tardis24
tardis23
現在この建物は、短期滞在用にairbnbで貸し出されている。利用客はこの家での滞在を楽しんでいるようだ。小さなスペースでも、工夫次第で満足度は高くなる。これは家と人が調和して生まれるモノで、これこそが財産といえるのではないだろうか?多くの人々が、「小さな家」を体験し、その「豊かさ」に気付く、これはとても幸せなことだと思う。
tardis26
(文=加藤聖子)

Via:
tinyhousetalk.com
airbnb.com.au

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。