世界の小さな住まい方

アルプス一万尺、雪山でも快適に過ごせるプレハブ「LEAP factory『S3』」

那須崇利プロフィールアイコン | 2015.4.25
  • facebookでシェア
  • ツイート

s3_01
西ヨーロッパ最高峰、モンブランの南東麓の地、クールマイユール。冬にはスキー客が、夏には登山客が訪れるイタリア有数の山岳リゾート地だ。アルプスにそびえるモンブランの陰に開かれるスキースクール「Scuola Sci e Snowboard Courmayeur」はフランスとイタリアの国境の東南を活動拠点のひとつにしている。


s3_04
s3_02
優美なモンブランの美しさは、自然の厳しさを映し出す鏡とも言える。モンブランの厳しい環境条件で安全にスキーレッスンを続けるためには、インストラクターの休憩室が必要だ。快適に過ごせる休憩室を建てたい。その要望に応えることができたのは、イタリアの建築設計事務所LEAPfactoryの開発した「S3」だ。

s3_07
s3_08
「S3」システムは観光用の宿泊施設として開発された。6mx8mの空間には、スキースクールの受付と事務スペースがあり、その奥の部屋には講師がレッスンの合間に待機する休憩室を持つ。耐候アルミ板の外壁は、ブナ材の枠組みに断熱合成サンドイッチパネルで構成され、冬のアルプスでも快適な室内環境を提供してくれる。

s3_09
s3_10
設計は、イタリアの建築設計LEAPfactoryだ。彼らは、人間の作り出すモノと自然環境との新たな関係性を見出すため、極限状況での建築に関するリサーチを行った。そして、この「S3」という最新のプレハブモジュラーシステムにより、厳しい気候条件での建築を実現させた。

s3_11
s3_12
彼らは、これまでに、2つのプレハブシステムをこのアルプスに設置している。
1つはアルプスの最も標高の高い場所に設置されたビバーク小屋、「S1」。
もうひとつは、アルプスの高原に設置された軽量な小屋、「S2」だ。

s3_03
「S3」システムの施工期間は、わずか1週間。コンクリートや恒久的な建材を使用しないため、完全に解体することができ、移動やリサイクルも容易に行うことができる。また、ユーザーのニーズに応じて拡張可能なシステムとなっている。

s3_05
4モジュール(19㎡)のスモールサイズで6人のベッドスペース。
7モジュール(34㎡)ミディアムサイズで15人のベッドスペース。
11モジュール(47㎡)のラージサイズで24人のベッドスペース。
すべてのサイズが5㎡のテラスを持つ。

s3_06
アルプスをフィールドとするLEAPfactoryのブレハブシステムだが、山の多い日本にも十分適用できるのではないだろうか。

Via:
dezeen magazine
LEAP

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

那須崇利プロフィールアイコン

Writer 那須崇利

世界の小さな住まい方ライター担当。

身長150㎝の頃から、180㎝になる頃まで、チェコ共和国プラハで育つ。
現在は東京都世田谷区在住。
自転車便メッセンジャーをやっていたが、タクシーに轢かれる。その後、構造設計事務所で建材開発に携わるが、リーマンショックで失業する。派遣社員として、住宅メーカーのBIM開発部門に入る。 現在、総合建設会社にてBIM職人および模型職人として、建築を楽しんでいる。将来は、SIなどの建築生産システムに関するイノベーターでありたいと考えている。
躯体や設備など「スケルトン・サポート(S)」を建設会社が、内部空間など「インフィル(I)」を自動車メーカーやハウスメーカーが、提供するようなイメージなど如何でしょうか。

FB:那須 崇利
HP:poetic systems

那須崇利の執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。