世界の小さな住まい方

オランダの木々に囲まれた休養のための家「Recreation House Near Utrecht 」

YADOKARIプロフィールアイコン | 2015.4.21
  • facebookでシェア
  • ツイート

rechouse1
オランダ ユトレヒトの木々の中に建っているのは、オランダの建築事務所Zecc ArchitectenとインテリアデザイナーRoel van Norelのコラボレーションによって生まれたスモールハウスだ。

家を広い空き地にではなく、あえて木々のそばに建てたのは、景色により馴染むようにという意図からである。家の周りを取り囲むのはちょうど良いサイズに育った広葉樹なので、夏には日光と共に心地よい日陰も得られ、冬には葉が落ちて、太陽の光をいっぱいに取り込むことができる。

rechouse9
建築の際の家の基本的なコンセプトは建築事務所のZeccが担当し、内装プランと仕上げをデザイナーのRoelが担当した。 家の作りは屋根と1面の壁を伝統的なスレート(石の薄い板)で仕上げ、その他の部分はガラスと森の木々に馴染むようにオークのパネルを張り合わせたデザインで仕上げられている。壁3面には窓やドアがあり、スレートの壁の反対側のガーデンに面する部分は全面がガラス張りで開放的である。夜になるとオークのパネルシャッターで覆われ、中で休む人々を憩いの夜へと導くのである。

rechouse5
rechouse2
ナチュラル感あふれるインテリアも色味が抑えられ、すっきりとしていて統一感があり、ガラスの窓によって驚くほど広く感じる。
さらに、レイアウトにも工夫が凝らされている。壁の一方に、シンク・シャワー・トイレ・ウッドストーブ・キッチン・収納棚が配置されている。水周りの配管や電気の配線の工事も容易である。

家の中のすべてのスペースは無駄がないように考えられていて、キッチンの作り付けの棚も大きく、収納もたっぷりとある。さらにロフトがあるのでエクストラベッドルームや収納などに有効利用できる。

rechouse11
rechouse10
rechouse8
リビング・ダイニングとベッドルームはスライディングドアによって分けられている。シャワーとトイレは別々の作りで、シャワーはベッドルームに、トイレはリビング・ダイニングにあるのでプライバシーも守りやすい。

recreation
木のシャッターを開け、ガーデンと繋がって太陽の光を浴びているときは至福の時に違いない。森の中での明るい暮らしがここにはある。

rechouse3
rechouse4

(文=加藤聖子)

Via: archdaily.com

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

YADOKARIプロフィールアイコン

Writer YADOKARI

ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。暮らし方の選択肢を増やすことで、場所・時間・お金に縛られないライフスタイルを実現し、人生の満足度/幸福度を向上させます。

FB:YADOKARI
TW:@yadokari_mobi
HP:未来住まい方会議 by YADOKARI

YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。