世界の小さな住まい方

草間彌生氏とコラボ。ドットで無限の空間を感じる「Dots Obsession」

中島功二プロフィールアイコン | 2016.11.16
  • facebookでシェア
  • ツイート

アメリカ・ニューカナーンにある49エーカーほどの青々とした芝生の上に、フィリップ・ジョンソン氏が「Glass house」を作った。ほとんどがガラスで作られた半透明なこの空間に、ナーシサスガーデンの公式オープン10周年とフィリップ・ジョンソン氏の110歳の誕生日を記念して、2016年9月1〜26日まで草間彌生氏がインスタレーションを行った。ジョンソン氏の得意とする自然に対する干渉というテーマに草間彌生氏が共鳴した形であり、「二人のコラボレーション」と言えるだろう。

草間彌生氏といえば無限性に対する作品を数多く発表しているが、なかでもこの作品は「無限の鏡部屋」からヒントを得たと語る。ドットをランダムに貼っているように見えるが、一つずつものすごく厳密で特殊なルールに従って置かれたそうだ。

青々としたきれいに手入れされた芝生の上に浮かび上がる、1200の赤いドットは強烈なインパクトがある。どこから見るかによってその表情を変え、さらに外の明るさによってもまた印象の違う味わいが得られる。テーブルに映るドットからも無限性を感じることができる。

ただアートと空間がコラボレーションした、というだけではない。こういった取り組みが、建築の可能性や暮らしの新しいあり方を模索し考えるためのきっかけにもなるかもしれない。

via:
http://www.designboom.com/
http://www.wmagazine.com/
http://thespaces.com/
http://theglasshouse.org/

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

中島功二プロフィールアイコン

Writer 中島功二

1991年、岐阜県出身。冒険を愛する旅人。ちょっと前は音楽にはまっていたが、最近はサーフィンにはまっている。とにかくなんだかいろいろなことがしたくて各地を転々としている。刹那的に生きているかもしれないが、それが未来につながると信じている。

中島功二の執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。