世界の小さな住まい方

竹で覆われた極上のツリーハウスホテル「playa viva sustainable boutique hotel」

中島功二プロフィールアイコン | 2016.12.2
  • facebookでシェア
  • ツイート

メキシコといえばカラッとした気候で、どちらかといえば砂っぽいイメージを持っている人も少なくないかもしれないが、実は美しいビーチが点在する国としても知られている。ジュルチュカのイカコスビーチもその一つ。そのすぐ脇に小さなリゾート施設があるのをご存知だろうか?

65スクエアメートルほどの大きさで、地上から6フィートほど上に位置する2階建てのホテルだ。1階がリビングスペースで、2階のシリンダー部分が寝室。キングサイズのベッドにプライベートのバスルーム、フロアハンモックに小さなラウンジとリゾートに必要なものは取り揃えられている。

周りの環境に何かを加えるのではなく、その延長上として住まいがあるというのがコンセプト。余分なものは取り除き、素材は主に自然から借りることのできるものを採用。シリンダー状の竹はもちろん床も現地で調達したもの。使われる水もリサイクル、電気も太陽光パネルで集めている。

寝室のある大きなシリンダー状のツリーハウスは、まるでビーチに向けられた望遠鏡。筒の中から覗く景色は、極上の美しいオーシャンビュー。サイドの窓からも景色を望める。このような施設であっても、解放感と贅沢を十二分に味わうことができるのだ。

via:
http://www.playaviva.com/
http://www.designboom.com/

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

中島功二プロフィールアイコン

Writer 中島功二

1991年、岐阜県出身。冒険を愛する旅人。ちょっと前は音楽にはまっていたが、最近はサーフィンにはまっている。とにかくなんだかいろいろなことがしたくて各地を転々としている。刹那的に生きているかもしれないが、それが未来につながると信じている。

中島功二の執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。