シェアハウスの増加によって変わる家族観(後編)

「拡張家族(コーファミリー)」という言葉を知っているでしょうか?「小さく住まう、みんなで生きる」ためのシェアハウスが増えるにしたがって、同じ屋根のもとで暮らす「家族」のあり方自体が変わってきているというのです。

2017年4月に誕生した複合施設「渋谷キャスト」では、共同コミュニティ「Cift」の立ち上げから関わり、約60名のクリエイターが共同生活を送りながら、新しい時代の「家族」の定義を模索し続けています。今回の小さな住まいの研究コラムでは、この「Cift」に住む「シェアガール」、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師の石山アンジュさんが登場。

後編では、拡張家族における教育・介護など、さらなる可能性についてうかがっていきます。

▼ 記事本編はこちら
https://house.muji.com/life/clmn/small-life/small_190326/