移住を生活する

第1回:「移住を生活する」について|移住を生活する

村上慧プロフィールアイコン | 2015.3.8
  • facebookでシェア
  • ツイート
青森県十和田市にて撮影

青森県十和田市にて撮影

未来住まい方会議読者のみなさま、はじめまして、美術家の村上慧といいます。

僕は2014年4月7日から、自分自身の生活に「移住を生活する」というタイトルをつけ、上の写真のように自作の発泡スチロール製の家を肩に背負って歩き、基本的にそこで寝泊りをして暮らす移動生活をしています。
この文章を書いている今日は2015年1月7日ですが、いま僕の家は大分県大分市にあるマンションの敷地を借りて、そこに建っています。

大分県大分市にて撮影

大分県大分市にて撮影

この生活を送る上での基本的なルールは

ルールその1.「夜寝る時に、家を路上や公園等に勝手に置いて寝ないで、誰かの敷地を交渉して借りること。」

道路に物を放置したりすると道路不法占拠で法律に抵触するようです。一度警察に注意されてから「敷地を借りる」という発想が生まれました。これまで下の写真のように、お寺の境内や個人宅の庭やショッピングセンターの駐車場などさまざまな敷地を交渉して借り、僕の家を建ててきました。

2014年5月26日 福島県いわき市で津波で浸水して取り壊した住宅跡地を借りた

2014年5月26日 福島県いわき市で津波で浸水して取り壊した住宅跡地を借りた

2014年6月30日 岩手県大船渡市の一軒家の縁側を借りた

2014年6月30日 岩手県大船渡市の一軒家の縁側を借りた

2014年7月15日 青森県十和田市の住宅の庭を借りた

2014年7月15日 青森県十和田市の住宅の庭を借りた

2014年8月27日 新潟県村上市にある海の家の店内を借りた

 

ルールその2.「日々『家の絵』を描き続けること。」

下の写真のように、各地で見つけた家の絵をA4画用紙にボールペンで描いています。有名な古民家とかではなく、普通に建っている家を描いています。

2014年12月7日 京都府京都市上京区奈良物町

2014年12月7日 京都府京都市上京区奈良物町

2014年6月17日 宮城県石巻市南浜町

2014年6月17日 宮城県石巻市南浜町

2014年5月19日 茨城県水戸市五軒町

2014年5月19日 茨城県水戸市五軒町

2014年4月17日 東京都台東区谷中

2014年4月17日 東京都台東区谷中

 

この移動生活をするうえで必要になる収入は、各地のアートプロジェクトに参加したり、絵を売ったり、取材を受けたり、学校で授業やワークショップをやったりしてつないでいます。この生活は、後に開く展覧会で発表するための作品作りとして行っているのですが、それとは別に、移動する中でたくさんの気づきが生まれました。それを伝えるためにこのような形で文章にしています。

今までの道のり

hi
これまで僕が歩いてきた道のりを説明します。4月に東京から始めて、まずは夏に向けて、より涼しい場所を求めて北上しました。僕の家は電車やバスに乗るサイズじゃないので、ほとんどは徒歩で移動します。たまにトラックに載せてもらったりもします。

太平洋沿いを北上し、青森県の八戸まで行ってそこから西に進み、十和田湖を通って日本海側に移り、秋田県の能代市に来ました。そこから今度は冬に向けて日本海沿いを南下して、福井県まで来て、そこから関西に入りました。今年は寒くなるのが早かったので、神戸からフェリーで一気に大分まで行きました。

こうやって書くと膨大な距離を移動していますが、僕はかなりのんびりと歩いている感覚です。毎日家を動かしているわけではなく、動かしても1日に10~15キロくらいが平均移動距離です。少しずつ散歩しているような気持ちです。僕のウェブサイトでたくさん日記を書いているので見てください。

青森県十和田市にて撮影

青森県十和田市にて撮影

人の敷地を借りる

この生活の1番大きな仕事は「敷地を借りる交渉」です。分かりやすいのは、
「いきなりお寺のチャイムを押して住職さんに『家を置かせてください』とアタックする。」

というやつですが、これは未だに緊張します。交渉は連続で失敗することもありますが、成功した瞬間の喜びは何にも代え難いです。置く場所の許可さえもらえば、家を持ち運ぶ必要がなくなるからです。僕の家は目立つので、どこに置いても不審物扱いされます。しかも重いので移動するのにも足かせになります。
僕はいつも「家を目立たないところに置きたい」と思っています。「敷地の交渉に成功する」ということは「家を置いたまま行動できる状態になる」ということです。このときの開放感は最高です。そして身軽になった体で見知らぬ町を散歩するのが好きです。「家が歩く」姿はとても目立つので地方新聞やニュースでも何度もとりあげてもらいました。

僕の活動をテレビやインターネットで知った人が「○○県を通る時はぜひうちの敷地をお使いください。」なんてメールをくれることも最近は増えてきました。

2014年5月7日 千葉県流山市の寺院の境内を借りた

2014年5月7日 千葉県流山市の寺院の境内を借りた

2014年5月7日 千葉県流山市流山

2014年5月7日 千葉県流山市流山

 

次回は、この移動生活をする大きな動機となっている「原発事故と脱線事故」「日常の無限地獄」について書きます。
実は、この移住生活をする大きな動機となっている出来事があります。それは、福島の原発事故とある電車の脱線事故。またそれに伴う日常への違和感です。次回は、この移動生活をする大きな動機となっている「原発事故と脱線事故」「日常の無限地獄」についてお伝えします。

  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

村上慧プロフィールアイコン

Writer 村上慧

美術家。1988年生まれ、東京都葛飾区育ち。2011年武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。過去に参加したアートプロジェクトに「TERATOTERA祭り2012」「六本木アートナイト2013」など。また実施したアートプロジェクトとしては、新潟県の特別養護老人ホームの敷地に6人のアーティストが仮設の家を建て、そこに住みながら制作活動を行う「×日街」、東京都台東区の神社に壁画を描いたことをきっかけに行われた「吉原芸術大サービス」などがある。

HP:satoshimurakami.net

村上慧の執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。