#03 窓を開ければ、そこは里山。晴れたら富士山だって見えちゃうんです!|YADOKARI✕公社二宮団地

はじめまして。チョウハシトオルと申します!

この度は、私も入居者兼ライターの一人として二宮団地の暮らしを紹介させていただくことになりました。
みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

私は普段は西湘地域(神奈川県西部の平塚〜湯河原の相模湾沿いの地域をそう呼びます)を中心に、店舗や住宅等のリノベーションのデザイン&施工を仕事としており、冬は週に2日ほど大磯で「やきいも日和」という焼き芋屋の店主をしています。

私の部屋は他のメンバーより、ひと足お先にセルフリノベの工事を済ませ、もうすぐ入居の予定です!

今回は、そんな私の部屋からの素敵なビューのご紹介です!

これから私たちが入居する棟は、小高い丘の上にあり二宮団地の中で最も高い場所に建っていてます。そのため、とくに北側の窓からの眺望がよく、里山の景色が一望できるのも団地の魅力の一つです。

大山:阿夫利神社でも有名。秋は紅葉がとても綺麗です。伊勢原市より入山できます。
表丹沢:神奈川県の北西部に広がり「神奈川の屋根」とも言われます。秦野市大倉より入山できます。

そしてそして、なんと晴れた日には富士山も望むことができるのです(残念ながら、この日は雲が多くて富士山は隠れてしまってました……)。
冬の晴れた日は、雪化粧した富士山がくっきりと。

団地の北には大山や表丹沢があり、西には箱根の山々があります。ここ二宮団地から日帰りで山遊びだってできちゃいますね。

おまけに海と山が近いから、土曜は“海”で遊んで、日曜は“山”に登り、帰りは箱根の温泉に!そんな週末も夢ではありません。

おまけ
私の部屋は4階のいちばん西側。そのためか、かろうじて遠くに相模湾を望むことができるのです。
たまに、こんな綺麗な夕焼けに出会える日もあります。

西側の端の部屋は眺望は良いのですが、午後の西日が直に当たるため、夏の夜はすごく暑くなるそうで……(涙)。

(2017年4月24日記事公開)


現在、ご自宅と二宮団地で二拠点生活を行い、その様子を記事で執筆いただく「暮らし体験ライター」を募集中。記事執筆料として、2018年3月までの家賃相当額(月額45,800円)をYADOKARIがお支払いします。なんと家賃が約10カ月間実質無料!団地暮らしに興味がある方、二拠点居住を始めてみたい方、ぜひご応募ください。

二宮団地 暮らし体験ライター募集要項

■お部屋の概要

・A4タイプ(1R(約18.1畳))
※2DKのお部屋を1Rに間取りを変更し、フルリノベーションしたタイプです。詳細はこちら。

■募集条件

・2018年3月末日までの間、二宮団地に毎月通うことができる方
・顔出しで記事に登場することができる方
・毎月記事を2本執筆することができる方(執筆いただいた記事はYADOKARIに掲載します)
・YADOKARIや神奈川県住宅供給公社などが開催する二宮団地関連のイベントに参加できる方

■注意事項

・入居時には神奈川県住宅供給公社と賃貸借契約を締結していただきます。また、月収基準など、公社の定める申込資格を満たすことが必要です。
・モニター料として家賃相当額(月額45,800円)をお支払いさせていただきますが、家賃、共益費、駐車場使用料をはじめ、それ以外に発生する費用(敷金や引越代、現地までの交通費、光熱費など)は入居者自身の負担となります。
・モニター期間終了後は、そのまま入居し続けることも可能です。

■応募時記入内容

・氏名(一緒に入居される予定の方全員分、同居者は続柄も記載)
・性別
・年齢
・連絡先
・現住所
・応募した理由(200字程度)
・二宮団地に入居したらやりたいこと(400字程度)

■選考までの流れ

締切は4月28日。ご応募いただいた内容を審査後、面接や現地視察などを行い、5月19日を目処に合格者にご連絡いたします。

お申込みはこちら

■お問い合わせ

今回のプロジェクトに関するお問い合わせは yadokari.writer@gmail.com までご連絡ください。

0