#34 進んでいます。しっかりリノベ〜お部屋の塗装とモルタル塗り〜|YADOKARI✕公社二宮団地

こんにちは、しっかりリノベの工事を今月よりついに始めました!始めたら完成まで一直線、その先には二宮町での楽しい暮らしが待っているはず。ゴールがあるので頑張れる。

ということで、時間を見つけては二宮団地に足繁く通い団地リノベーションを進めています。そして今回はお部屋の塗装とモルタル塗りを行いましたのでそのリノベ工事について。

通常の建築工事では最後に行う仕上げ工事ですが、今回は一番最初に施工をします。理由は「養生」の手間を省くため。床を貼って家具を造って、キッチンを入れてなどと工事を進めていると、そのそれぞれに塗装などの仕上げ材料がつかないよう養生が必要に。コツと時間が必要なのはこの養生で、塗装は以外とあっという間に終わります。今回はその養生をなるべく省くためにまずは塗装工事から。 

材料と道具はこんな感じ。マスキングテープやマスカーを使い、元々団地に取り付いている窓やコンセント、給湯リモコンに養生をしていきます。とても地味な作業ですが仕上がりに影響しますので慎重に進めます。あらかた終わるとこんな感じ。

そのあとは塗装のケレン(剥がれた塗料を取り除く作業)をし、下地を整えた後、いよいよ塗装をします。塗りたいところに刷毛とローラーを使いひたすら塗っていきます。塗装の範囲は6畳ほどのダイニングの壁と、部屋全体の天井の部分(高いところはローラーに肢をつけて塗ります!)。養生含めて2日もあれば十分塗ることができる量です。部屋も真っ白、明るさも増してきます。

そして次は壁のモルタル塗り、塗装の仕上がりに満足する暇もなく工事を進めます。

モルタルを塗る場所は部屋の一番大きい壁。この壁は前回も書かせてもらったのですが、木を組んだ収納を設置する場所で、その収納の奥に手作り感たっぷりのモルタル壁が見えるデザイン。仕上げに使うモルタルは「ハイモル」という材料で水と混ぜれば伸びがとても良くなり、漆喰のようにコテで塗り伸ばすことができます。

水を混ぜよく練り込んであとはコテで塗り伸ばしていくだけ、あえてつるっと仕上げることはせずにコテのムラが出るように荒く仕上げます。友人と二人で三時間ほどかけて施工は終了。塗り終えた壁は黒に近い灰色ですが、乾いて綺麗なグレーになる予定。

仕上がりが楽しみです。塗装と左官工事はひとまずここで一旦終わり。ここからはメインの木工事を進めます。木を切って家具を作り、フローリング貼りと大工作業をしていきます。普段は大工工事を間近に見ているのですが、自分がやるとどうなるのかと若干不安。とはいえ自分がやらないと進まないしっかりリノベ、楽しみつつも着実に進めていきます!!

(2017年10月31日記事公開)

0