• この記事をつぶやく
  • この記事をシェアする

【満員御礼|12/12(火)19:00〜】第2回タイニーハウスについて語り合う会@BETTARA STAND日本橋

11月に初開催した、「TINYHOUSE ORCHESTRA」のリアルイベント「タイニーハウスについて語り合う会」。様々な背景を持つ18人が集まり、二拠点居住やコミュニティ作り、セルフビルドなど幅広い話題で盛り上がりました。
第1回の参加者はその後、小屋作りの構想を開始したり、参加者同士で土地見学ツアーを開催したりと、早くも第一歩を踏み出しています。

▼第1回の様子はこちら⇒http://yadokari.net/orchestra/orchestra-58337/

第2回を求める声にお答えし、早速ですが12月12日(火)「第2回タイニーハウスについて語り合う会」を開催いたします!
座談会形式ですので、第1回に参加された方も初めての方も楽しめる内容となっております。
ぜひ、お気軽にご参加ください。

※ご参加はメールにて受け付けております。(ページ下部参照)
FBページの「参加ボタン」のみでは受付完了となりませんので、ご注意ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆さんは、タイニーハウスにどのような思いをお持ちですか?

名前しか聞いたことがないけど、なんとなく興味がある
仲間と一緒に建てたり、住んでみたい
車輪を付けて、移動しながら旅をしてみたい
店舗や宿泊施設など、ビジネスとして活用したい

・・・など興味の分野や疑問は様々ではないでしょうか。

21世紀初頭にアメリカではじまったタイニーハウスムーブメント、そして日本でもここ数年の小屋ブームによりわずか15㎡前後のちいさな、そして車輪を付ければ移動もできるユニークな家「タイニーハウス」は徐々に注目を集めています。

しかし実際にタイニーハウスや小屋を建てたり、住んだりしようとしたとき、大きさ、デザイン、費用、設備、土地、法律…など様々な課題が立ちはだかります。

そんな疑問を解決すべく2017年7月末にオープンしたのがこの、「TINYHOUSE ORCHESTRA(タイニーハウスオーケストラ)」です。タイニーハウス好きな人々が集い、実践までのステップを確実に歩めるよう「タイニーハウス暮らし実践のための、リアルな情報と体験の場」を提供することを使命としています。

今回はこのタイニーハウスオーケストラがリアルな場として、YADOKARIが運営するタイニーハウスを活用したイベントスペース「BETTATRA STAND日本橋」に現れ、座談会を開催します。

タイニーハウス愛を語るもよし、
質問をしたり、情報交換をするもよし、
セルフビルドの仲間を集めるのもよし。

定員8名ほどのこじんまりとした自由な会です。タイニーハウス初心者も玄人も、ぜひお気軽にご参加ください!(キャッシュオンにてクラフトビールや美味しい日本酒、おつまみもご用意しております!)

申し遅れましたが、当日主催はYADOKARIの相馬が務めさせていただきます。普段はYADOKARIの企画全般やタイニーハウスを活用した遊休地の活用、「TINYHOUSE ORHCESTRA」の運営などを行っております。(間もなくマイタイニーハウスをセルフビルドする予定です!)

皆さまにお会い出来ることを心より、楽しみにしております。どうぞよろしくお願いします。

開催概要
・開催日 2017年12月12日(火)19時〜22時※途中入退出可
・参加費 500円(BETTARA STAND日本橋使用料)※参加費、飲食ともにキャッシュオンになります。
・定 員 8名程度
・お申込み 先着順となります。「タイニーハウスについて語り合う会参加希望」を件名に、orchestra@yadokari.netまでメールにてお申込みください。
その際、①お名前②ご連絡先(電話番号、メールアドレス)③ご職業④この会で話したいこと/聞きたいこと/ご要望(などご自由に!)ご記載ください。
FBイベントページはこちら⇒https://www.facebook.com/events/161846451216594/
・場 所 BETTARA STAND 日本橋(〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-10-1)
・アクセス 「小伝馬町駅」徒歩2分、「新日本橋駅」徒歩3分、「三越前駅」徒歩5分

主催

♦︎YADOKARI 相馬由季
YADOKARI株式会社 プロデューサー/TINYHOUSE ORCHESTRA事業部部長
早稲田大学卒。アメリカ、ザンビアにて開発協力の仕事に従事、その後「BESSの家」を展開する㈱アールシーコアにて法人向け事業企画・営業を経験し、タイニーハウスと出会う。「好きな人と、好きな場所で、自由に生きる」ことが当たり前の幸せであるために、タイニーハウスの可能性や多様な生き方を追求したい。趣味は旅。夢はマイタイニーハウスを作り旅をすること。