• この記事をつぶやく
  • この記事をシェアする

動くログハウスで旅に出る、14歳の夏休み。|映画 『グッバイ、サマー』

©Partizan Films- Studiocanal 2015

タイヤの付いた“動くログハウス”で、旅に出る。
『エターナル・サンシャイン』『恋愛睡眠のすすめ』など、創造性と遊び心に満ちた独特の世界観を持つ映像作家ミシェル・ゴンドリーの自伝的作品。
「みんなと同じように生きたくない」。14歳という少年と大人の間で抱く、恋や家族、社会に対する葛藤。そんな日常から抜け出すために主人公テオとダニエルが考えた計画は、スクラップを集めて〝夢の車”を作り、夏休みに旅に出ることだった―。

 

©Partizan Films- Studiocanal 2015
©Partizan Films- Studiocanal 2015

主人公テオとダニエルはスクラップを集めてタイヤの付いた“動くログハウス”を作り、夏休みに旅に出ます。作る過程はドキドキ、しかし完成するとそれなりに立派で愛着すら湧いてきます。旅の間に起こる出会い、事件、冒険をともにする“動くログハウス”は彼らが大人への一歩を踏み出す過程を見守る、この映画には欠かせない存在。映画を見ていると、自分も“動くログハウス”を作って旅に出たくなるかも・・・。

HP:http://www.transformer.co.jp/m/goodbyesummer/

監督・脚本:ミシェル・ゴンドリー
撮影:ロラン・ブリュネ
製作:ジョルジュ・ベルマン
音楽:ジャン=クロード・ヴァニエ
美術:ステファヌ・ローゼンバウム
衣装:フロランス・フォンテーヌ

©Partizan Films- Studiocanal 2015

タイヤの付いた“動くログハウス”で、旅に出る。
『エターナル・サンシャイン』『恋愛睡眠のすすめ』など、創造性と遊び心に満ちた独特の世界観を持つ映像作家ミシェル・ゴンドリーの自伝的作品。
「みんなと同じように生きたくない」。14歳という少年と大人の間で抱く、恋や家族、社会に対する葛藤。そんな日常から抜け出すために主人公テオとダニエルが考えた計画は、スクラップを集めて〝夢の車”を作り、夏休みに旅に出ることだった―。

 

©Partizan Films- Studiocanal 2015
©Partizan Films- Studiocanal 2015

主人公テオとダニエルはスクラップを集めてタイヤの付いた“動くログハウス”を作り、夏休みに旅に出ます。作る過程はドキドキ、しかし完成するとそれなりに立派で愛着すら湧いてきます。旅の間に起こる出会い、事件、冒険をともにする“動くログハウス”は彼らが大人への一歩を踏み出す過程を見守る、この映画には欠かせない存在。映画を見ていると、自分も“動くログハウス”を作って旅に出たくなるかも・・・。

HP:http://www.transformer.co.jp/m/goodbyesummer/

監督・脚本:ミシェル・ゴンドリー
撮影:ロラン・ブリュネ
製作:ジョルジュ・ベルマン
音楽:ジャン=クロード・ヴァニエ
美術:ステファヌ・ローゼンバウム
衣装:フロランス・フォンテーヌ

BOOK / MEDIA 関連記事

【書評】小屋づくりのイロハは「小屋入門」で学ぼう|小さな暮らしを学ぶ本
ミニマリストは小さな住まい方の実践者だ「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」
3万円でつくる、家の概念を変える家「モバイルハウス 3万円で家をつくる」