休日不動産

自給自足は、夢じゃない。390万円・別荘地・土地186坪

自給自足_1

自分が手をかけて育てた野菜を食卓に並べる。命の循環の中に、食卓がある。

遥か昔、それはあたりまえの生活だったのかもしれない。でも今、自分が育てたものを食卓に並べるというのは、とんでもなく贅沢なことのように感じる。

物件の詳細情報・お問い合わせはコチラ

人気の別荘地、山中でありながら貴重な平坦地

伊豆の国市は、2005年に合併によって新しくできた町だ。温泉が有名な伊豆長岡市。国指定史跡韮山反射炉のある韮山町。自然が豊富で、アウトドアも楽しめる大仁町。三つの町が合併してできた伊豆の国市は、幕末から「伊豆の国」と呼ばれていた。

そんな観光地のどまんなかに、別荘を持てるという贅沢! 標高630mという、伊豆の山の中でありながら、平坦な618㎡を自分のものにできる。緑に囲まれた山のなかで、これだけの平たい敷地を持てるというのは贅沢なことだ。畑にして自給自足を楽しむこともできるし、思いっきりすきな草花を育ててガーデニングを楽しんでみたっていい。観光地であるから、お店を開いてみるのもいいかもしれない。アットホームな隠れ家は、都会で毎日を過ごす人たちのオアシスになるだろう。

都内からほど近い隠れ家

都内からのアクセスが良いのも魅力だ。普段は都心で生活をしていても、休みの日にはこの土地で思い切り羽根を伸ばして欲しい。三方向を道に囲まれたこの場所は、隠れ家のようなプライベートな空間だ。隣接する家屋が無いから、例えば思い切り音楽を楽しみたい人にも良いかもしれない。夜通しセッションをしてみても、聴衆は夜空に輝く星座たちだけ。隠れ家のスタジオとするのも良いかもしれない。

熱海からもすぐ近く。都心からアクセスが良いのが嬉しい。
しかしここに建つ建物は、歴史を刻んでいるからこのまま住居とするのは難しいかもしれない。でもうまくリノベーションしたり、新たな手作りハウスをじっくり建ててみる、といったチャレンジも出来るかもしれない。きっとこの広い敷地が、住まう人にぴったりのやすらげる場所に導いてくれることになるだろう。

EDITOR’S EYE
駐車スペースも充分。気まぐれに友達を呼ぶのにもちょうどいい。別荘地として人気のこの土地で、自分らしい毎日を用意してみるのも面白いかもしれない。

 
物件の詳細情報・お問い合わせはコチラ

自給自足_1

自給自足_2

自給自足_3

自給自足_4

自給自足_6

自給自足_7

自給自足_8

物件の詳細情報・お問い合わせはコチラ

取扱い不動産会社
伊豆太陽ホーム㈱熱海店
静岡県熱海市昭和町5-6田代ビル1F
静岡県知事免許(6)7587 0120860679
情報提供元:別荘リゾートnet
  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

休日不動産 by YADOKARIプロフィールアイコン

Writer 休日不動産 by YADOKARI

休日不動産は、不動産を通じてよりゆたかな休日の過ごし方を提案します。そして、その拠点として、今までの概念とはひと味違った“あたらしい別荘”をおすすめします。

物質的な豊かさから目には見えない本質的な豊かさへと価値観がシフトする中、私たちはより自分らしい休日を過ごすことが、本質的なゆたかさへの近道ではないかと考えます。

そして、そんな充実した休日を過ごすための拠点として、“あたらしい別荘=ゆたかさを育てる別荘”を提案します。

FB:holidayrealestate
TW:@holiday_re
HP:休日不動産

休日不動産 by YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。