休日不動産

宇宙ステーション in 野辺山

106_01

野辺山高原に始めて訪れた人は、その青空の色の深さに驚くと思う。最寄り駅の小海線・野辺山駅は、JR線で最も標高の高い海抜1,345.67mに位置する駅だ。

物件の詳細情報・お問い合わせはコチラ

人工衛星を思わせる八角形のフォルム

空気が澄んでいるから、昼間に見上げる青空でさえ、宇宙の色を映してやけに濃い青色をしている。星空が美しいことは言うまでもない。近くには国立天文台野辺山がある。宇宙を研究する人々にとって、ここは聖地のような場所に違いない。

そんな野辺山に、意匠を凝らしたログハウスが建っている。その悠々たる左右対称のフォルムは、人工衛星を連想させる。八角形の本体部分に、両翼のように8畳と6畳の和室が張り出している。吹き抜けのLDKの真ん中には、かつて暖炉として使われていたのであろう、これまた八角形の造り付けのテーブルがある。

高原に建つ宇宙ステーション

長年人の手が入っていなかったため、修繕が必要な箇所が多々あることは否めない。しかし、かなり思いを込め、手を掛けて造られたことがうかがえる凝った造りをしている。個人の別荘に留めておくのには、もったいないかもしれない。

近くには観光地として有名な清里があり、アウトドアも、スキーやスノ―ボードも楽しめる。建物面積だって広いが、土地面積はさらに悠々とした899㎡だ。野辺山駅からも、ちょっとした散歩にちょうどよい距離に位置している。

たくさんの人がここに訪れ、テーブルを囲んでいる姿が見えるような気がする。宇宙により近いこの高原に建つ家が、まるで宇宙ステーションのように思えてくる。遠くから訪れて、しばしここに滞在する。初めて出逢った人たちとも、八角形テーブルを囲んでゆるゆると話す。この人工衛星のような家の中で、灯りを消して天窓から宇宙を見上げると、この地球もまた宇宙船であることを思い出すだろう。

ロフトはなんと11帖。キッチンも広く、大勢で炊事もできる。じっくり手をいれて修繕すれば、この宇宙ステーションも息を吹き返し、あなたはこの場所で多くの人々を迎える駅長となるだろう。

EDITOR’S EYE
非常に魅力的な物件であることには違いないが、一点ご注意いただきたいところがある。古い建物ということもあり、設備的な機能面は殆ど果たさない。給湯も含め交換を覚悟していただきたい。また、雨漏りも確認されているため、ある程度の改修コストも見込んでチャレンジしていただきたい。

 
物件の詳細情報・お問い合わせはコチラ

建物外観 敷地南東より撮影

建物外観 敷地南東より撮影

敷地(写真右)と前面私道

敷地(写真右)と前面私道

LDK

LDK

リビング中央部分には造り付けのテーブル

リビング中央部分には造り付けのテーブル

リビングから天井を見上げる

リビングから天井を見上げる

和室(6帖)

和室(6帖)

間取り図

間取り図

物件の詳細情報・お問い合わせはコチラ

情報提供元:別荘リゾートnet
  • facebookでシェア
  • ツイート

YADOKARI「未来働き方会議」オープン!

休日不動産 by YADOKARIプロフィールアイコン

Writer 休日不動産 by YADOKARI

休日不動産は、不動産を通じてよりゆたかな休日の過ごし方を提案します。そして、その拠点として、今までの概念とはひと味違った“あたらしい別荘”をおすすめします。

物質的な豊かさから目には見えない本質的な豊かさへと価値観がシフトする中、私たちはより自分らしい休日を過ごすことが、本質的なゆたかさへの近道ではないかと考えます。

そして、そんな充実した休日を過ごすための拠点として、“あたらしい別荘=ゆたかさを育てる別荘”を提案します。

FB:holidayrealestate
TW:@holiday_re
HP:休日不動産

休日不動産 by YADOKARIの執筆記事一覧 »

▼「未来住まい方会議 by YADOKARI」の購読はFacebookが便利です。