休日不動産

6棟の建物で遊び倒せ!・那須・小川、東屋付き

adventure-cottages-tub01
みんなと同じじゃ生き残れない。時代はアドベンチャー系貸別荘のステージへ?!

物件概要
エリア:栃木県那須郡那須町大字湯本字ツムジヶ平 価格:3,200万円
建物面積:64.9坪 敷地面積:2336坪
間取り:6棟

物件の詳細情報・お問い合わせはコチラ

巨岩の橋を渡り切り、最終ステージの東屋へ辿り着け!

那須高原は定番の別荘地ゆえ、ペンションやコテージなどの宿泊施設も数多い。今回ご紹介する貸別荘は、その激戦区にあっても自信を持ってお勧めできる、ワクワク指数MAXな物件だ。

しかし敷地の側を通り過ぎただけでは、この別荘のワクワク感は伝わってこない。一見普通の貸別荘を装っているのも、サプライズの伏線なのだろうか??だとしたら…これはかなりの曲者に違いない。

外からの見た目はごく普通のコテージ群、実は小川が敷地を横切るように流れており、管理棟も含めると全部で6棟あるコテージは少し高い所から小川を見下ろすような格好で建っている。小川には中州を挟んで木製の橋が2本架けられ、橋を渡りきった先にはバーベキューのできる東屋が用意されている。

つまりこの別荘のリーサルウェポンは、東屋で食事するためだけに2本の橋を越えなければいけないという(笑)、変化に富む地形や橋などの冒険心をくすぐる仕掛けにある。他にはない遊び心溢れる宿として、ゲストの人気を博しているのもうなずける。

職住一体の暮らしをここで。

現在も貸別荘として営業中ということもあり、内装などの痛みが少ないことは大きなメリットだ。貸コテージとしての機能はフルメンツそろっているので、あとは老朽化した部分を順次更新して行けばよい。新たな仕掛けを考えるにしても、一からビジネスを立ち上げることを考えれば、時間的・金銭的負担はずっと少ないはずだ。

700坪以上の敷地はマイナスイオン溢れる豊かな自然で埋め尽くされている。木と木の間に多種多様のハンモックを吊るしたり、中州を整備してツリーハウスを作ったりと、アイディア次第でさらに面白い場所になりそうな予感もある。管理棟に住まいながら、自分の裁量でオーナー業を仕事にするという暮らしも、ここなら無理なく始められるのではないだろうか?

大人の隠れ宿にも最適な立地

もし金銭的に余裕があれば、現状とは正反対に舵を切り、客層を大人やカップルに限定した上質な隠れ宿にリノベーションするというのもアリかと思う。橋や木立に電球を星の数ほど吊り下げ、昼間とは違うファンタジックな夜の景色を演出するのも良いかもしれない。

分譲地とは少し離れた立地でプライベート感を享受しながらも、観光地へのアクセスは良好という大人たちには願ってもないロケーション。グループのシェア別荘など、プライベートでの使用にもぜひお勧めしたい。

EDITOR’S EYE
別途費用は必要になるが、それぞれの建物に温泉の引き込みが可能とのこと。ゲストの満足度を高めるには温泉はマストハブの一つ。リピーター確保のためにも更に敷地内に大きな露天風呂を!なんてことも検討の余地ありだろう。

 
物件の詳細情報・お問い合わせはコチラ

adventure-cottages-tub02

adventure-cottages-tub03

adventure-cottages-tub04

adventure-cottages-tub05

adventure-cottages-tub06

adventure-cottages-tub07

物件の詳細情報・お問い合わせはコチラ

情報提供元:別荘リゾート.net