福岡出身ながら、大学入学を機に新潟市にやってきた迫さんは、市の助成制度を利用して友人とともにショップを立ち上げた。そして、迫さんたちを受け入れてくれた古町という商店街の活性化活動にも参加。さまざまなイベントを企画して、さびれつつあった商店街を「若者の街」に変えていった。

前編はこちら ⇒ 【インタビュー前編】空き店舗だらけの商店街に、よそ者が吹き込んだ風。「hickory 03 travelers」迫一成さんの挑戦

新潟市・上古町にあるhickory03travelers

新潟市・上古町にあるhickory03travelers

<プロフィール> 迫一成(さこかずなり) 1978年 福岡県生まれ。新潟大学人文学部卒業。2001年クリエイト集団ヒッコリースリートラベラーズを結成。「日常を楽しもう」をコンセプトに、新潟市上古町の店舗を拠点に、イラスト、グラフィックデザイン、ブランディング、ブライダル事業、印刷物の制作、Tシャツやグッズの制作、イベント主催、商店街活動、地域産業との連携など幅広く活動中。

日本各地で「町おこし」が行われている。町おこしは地元の人たちが地元で頑張るもの、というイメージがあるかもしれないが、成功例の中にちらほら見え隠れするのが「よそ者」のパワーだ。

新潟市の古町エリア活性化の立役者のひとりである迫一成さんも、実はよそ者。生まれも育ちも新潟から遠く離れた福岡なのだ。

迫さんが代表を務めるhickory03travelers(ヒッコリースリートラベラーズ)は、新潟市の商業エリア「上古町(かみふるまち)」を拠点に活動しているクリエイト集団。新潟の老舗や伝統工芸などとコラボしてつくる雑貨や日用品は、地元の常連客から観光客まで幅広い人気を集めている。また、商店街活性化など、地域に根ざした活動にも積極的だ。

福岡出身の迫さんがなぜ新潟で現在のような活動をするに至ったのか? インタビューの模様を前後編にわたって紹介する。

sako_前 (1)

<プロフィール> 迫一成(さこかずなり) 1978年 福岡県生まれ。新潟大学人文学部卒業。2001年クリエイト集団ヒッコリースリートラベラーズを結成。「日常を楽しもう」をコンセプトに、新潟市上古町の店舗を拠点に、イラスト、グラフィックデザイン、ブランディング、ブライダル事業、印刷物の制作、Tシャツやグッズの制作、イベント主催、商店街活動、地域産業との連携など幅広く活動中。

12903866_1157428794290623_1426031982_o オルタナティブな立場から、東京を刺激するキーパーソンにインタビューする、「Re:Tokyo」。第1回は、株式会社まちづクリエイティブの寺井元一さんと小田雄太さんに話を聞く。

千葉県の松戸の駅前の一角に、5年前に突如出現したMAD Cityとよばれるエリアがある。株式会社まちづクリエイティブのプロジェクトから生まれたMADな街は、印象の薄かった松戸を変えつつある。

クリエイターをのべ200人も招致し、老朽化したマンションや、駅前の元カップルホテルを若いクリエイターの集う場に変えたのだ。

前編では、寺井さんと小田さんに、東京の活動を経て、松戸に新たな街を創造したモチベーションについて聞いた。後編では彼らのビジネスを支えているサブリース(転貸)という手法や、MAD Cityをつくったからこそ見えてきたことを語ってもらう。

前編 ⇒「不動産業を核に、クリエイティブな自治区をつくる・ 株式会社まちづクリエイティブ」はこちら

Re:tokyo 東京は、これから5年で大きく変わる。 2020年の東京オリンピックに向けて、大規模な都市開発が進行し、そこかしこでスクラップ&ビルドが行われている。

東急線や小田急線が地下化したことによって、渋谷駅や下北沢駅周辺の再開発が進み、築地市場は豊洲への移転が進められ、国立競技場も新しくなる。そのことにワクワクするかと問われたら、あなたはどうだろう? もしかしたら、微妙な気分を抱いているかもしれない。

良くなるにしろ、悪くなるにしろ、東京の都市計画は私たちひとりひとりの気持ちとは別のところで、いやおうもなく押し進められる。特に昨年は、そのように感じられる出来事が頻発した。

この大きな流れに乗っているだけでは、個人個人が望む未来にたどり着けないのでは? そんな疑問を解くヒントを求め、この連載「Re:Tokyo」ではオルタナティブな立場から、東京という都市に働きかけるキーパーソンを取材する。

 この都市を愛しているからこそ出ていく人、変化を起こすために新たな流れを呼び込む人、既存の街並みをあえて破壊する人……。東京に対するそれぞれの「返信」は、私たちが自分の目線で自由に未来を描くための、貴重な手がかりになるはずだ。