ノルウェー南東部にあるフィヨルド(氷河による浸食作用によって形成された複雑な地形の湾・入り江)の中に、岩に張り付くように建てられた家がある。その家は、大自然の中にありながらモダンな美しさを兼ね備えるキャビンだった。

ネッシーといえば、かつて日本でも一大ブームを巻き起こした謎の怪獣。ネス湖に棲んでいるといると言われているから「ネッシー」ということは広く知られているけれど、じゃあそのネス湖がどこにあるのかと聞かれたら、答えられる人は少ないのではないだろうか。

実は、ネス湖はイギリス北部スコットランドの更に北側にある細長い湖。海外からも年間20万人以上の観光客がやってくる。

仰向けに転がって、朝が来るまで満点の星空を眺め続けていたい。まるで草原の一部になったように一日中寝転んでいたい。もちろん、風邪をひくこともなく、蚊に刺されることもなく。楽して自然を楽しみたい。

DSC_0267 太古の昔から、人は火のあるところに集まり、暮らしを営みました。 時には体を温めるものとして、時には食事をつくる熱源として、火は人々の中心にあり続けています。

「場に火を灯し、場に集まる人の心にも火を灯す」。そんなビジョンを掲げる企業が、今年の夏にゲストハウスを開きます。 施設の名前は”ROCKHILLS GARDEN(ロックヒルズガーデン)”。YADOKARIがデザインする客室や、ウッドテラス・BBQスペース・ジャグジーを設けた屋上アウトドアスペースを持つ、少し贅沢な空間です。 今回は、この施設を手がける(株)ファイアープレイス代表 渡邉知(わたなべ さとる)さんにお話を伺いました。

hm5 ゆらりと風に揺らぐハンモック。この独特な感覚を体験したことはあるだろうか?自分の体を包む布にくるまって体が持ち上げられるときの浮遊感は気持ちのいいものである。 庭の木につながれたハンモックに飽きてしまったら?次はどこにハンモックをつなごうか?そんなあなたにこたえるハンモックイベントが2014年の9月に開催された。

car 星空の下、焚き火をしながらするキャンプは最高だ。 しかし、普通のキャンプに飽きてしまった方も多いのではないか。キャンプの醍醐味はテントをベースにした衣食住だが、設営場所はいつだって地面の上。それでは、なんだかマンネリ気味になってしまう。 いつもと違う場所にテントを張れないだろうか?それを可能にしたのが車の上に張るテント「LETENT」である。