「私は静かに生きるため森に入った。人生の真髄を吸収するため。命ならざるものは拒んだ。死ぬ時に悔いのないよう生きるため。※」

ヘンリー・D・ソローの著作「ウォールデン 森の生活」で、このような理念が紹介されたのは、19世紀半ばのアメリカだった。ソローはウォールデン池畔に独力で丸太小屋を建て、自給自足の方法で2年ほど思索的な生活を送った。自然の中でシンプルな生き方を探求することは、もはやここ数年に始まったトレンディな動きではない。