トークイベントの様子(右から深井次郎、南木隆助、小柴美保、清田直博、黒崎輝男)

トークイベントの様子(右から深井次郎、南木隆助、小柴美保、清田直博、黒崎輝男)

前編では「変化しつつある本の作り方・手法、そして出版の意味とは?」「資金集めが目的ではない?クラウドファンディングを行ってみて感じたこと」というテーマのもと、クラウドファンディングで実際に本を出版した、もしくは出版に関わった5名が議論した様子をお伝えした。

後編では文字で表現することの意味や「BOOK TRUST」について、引き続き、黒崎輝男氏(自由大学ファウンダー)、清田直博氏・小柴美保氏(『WE WORK HERE』企画/編集チーム)、南木隆助氏(『IKKOAN』企画/編集/クリエイティブディレクション)らをゲストに、深井次郎氏(自由大学「自分の本をつくる方法」教授)の司会で進行したトークライブの様子をお伝えする。(以下、敬称略)

前編はこちら ⇒ 【トークイベント・前編】自由大学 First Wednesday vol.2『BOOKナイト』トークイベント「本の未来はどうなる?」(2016年2月3日開催)

FirstWed_2

日本のみならず世界各国が抱える出版不況。この問題に風穴を開けようと、大手出版社が「売れる本だけを出版」している既存のシステムに乗らず、SNSの拡散力に目をつけた「クラウドファンディング(インターネットを介して賛同者を募り、人や組織に資金を提供する)」によって「自分が本当に出したい本」を世に送り出す動きが近年活発になっている。

インターネットが普及した今。本の未来はどうなるのか? また、新しい出版社の形とは?

今回は本をテーマに、黒崎輝男氏(自由大学ファウンダー)、清田直博氏・小柴美保氏(『WE WORK HERE』企画/編集チーム)、南木隆助氏(『IKKOAN』企画/編集/クリエイティブディレクション)らをゲストに迎え、深井次郎氏(自由大学「自分の本をつくる方法」教授)の司会で進行したトークライブの様子をお伝えする。(以下、敬称略)