1884年から1885年にかけて、デンマーク政府は、船旅の安全を図るため、400kmに及ぶ海岸線に、25の浮標(ぶい)を設置した。現在、老朽化した25の浮標たちは、GPSなどの技術革新や航海技術の進歩により、その役目を果たし終え、姿を消しつつある。