誰だって、清潔で心地よい家に暮らしたいもの。それは、人間ではない羊だって同じはず。オランダの首都アムステルダムの中心地から30kmほど東にあるAlmereという街には、世界中の羊のみならず、我々人間も思わずうらやましく感じてしまう羊小屋がある。

黒い屋根、朱色の壁、ウッドデッキのナチュラルな色あいが緑に映える、こじんまりとしたこの家は、フランス・ノルマンディに建っている。

Moose-Rd5 「Moose Road Residence」は、サンフランシスコにある建築会社 Mork Ulnes Architects によって設計されました。 Mork Ulnes Architectsは「素晴らしい実用性に富むこと」「革命的チャレンジ精神」をモットーに、様々な建築プロジェクトに挑戦しています。そのうちのひとつが「Moose Road Residence」。 アメリカ合衆国カリフォルニア洲、のどかな田舎の山中に建てられた、隠れ家的なお家です。

木々の中に立つそのキャビンを一目見た瞬間、まるで物語の世界に入ったかのような気持ちにさせられた。

存在を主張しながらも自然と調和しているこの独特なカーブに心を奪われる人も多いだろう。なんだろう?クリップみたい?普通とはちょっと違う感じ。でもどこかで見たことがあるような懐かしい気分にもなる。木肌を生かしたナチュラルなところもほっとする。