建築家のミレナカラネシェバとミーシャウィツマンの二人は、結婚して以来、パリに本拠地を置くカラウィツアーキテクチャーに所属していた。そして、フランスの首都から17マイル北西に向かった街、ベサンコートに自らの建てる家に移り住むことに決めた。

2008年に建築を着手し、田舎の典型的な景色にハッと驚くほど現代的な家を建てた。161平方メートルほどの大きさの家に機能的なものが詰め込まれている、というよりむしろ積極的にその機能性をアピールしているように見える。

Halo01_House2013年中国の北京から内陸に350キロほど入った山西省の大同で開催された「SOLAR DECATHLON CHINA 2013」。同地域では、石炭が採掘され、中国のエネルギーを支えている。このイベントで銅賞に輝いた家が今回ご紹介する「Halo Home」だ。