最近のランドセルは、「赤」と「黒」のものがうんと少なくなりました。個性のある色や形のランドセルは、本人のシンボルともいうように小さな背中でキラキラと輝いています。

「今までのやりかた」にページをめくるように、新しいスタイルのモダンなスタイルの建築物が増えています。ついにそれは、お墓の形も変えていくことになりました。モダンなお墓をつくりたいと依頼をしたのは、ポルトガルに住む家族。ベネズエラのゴメス家の霊を祭った宮、霊廟(れいびょう)を建築したいと依頼したのです。

建築家デザイナーのクリストファー・ノン氏が、経済的にも環境にもやさしい小屋を平和村財団のためにデザインし、建てられた「Eco-Cabanas」。南米で最も貧しいベネズエラに第一号が完成。発展途上国の住民に生活するための安全な場所を提供し、なおかつ快適で素敵な家に住んでもらおうと始めたプロジェクトだ。