上毛町1 田舎暮らしのフロンティアが、ここ、上毛町にもあります。

福岡の東端、大分との県境にある上毛町は地理的に見ても「辺境」です。その中でも、一際ひっそりとしているのが山の行き止まりにある有田地区。棚田の緑と石垣の対比が美しい11軒の民家からなる小さな集落です。数年前までは、住んでいる人以外ほとんど訪れることのなかった集落の古民家に、今では年間1200人が訪れています。

この古民家こそが、僕の職場、「ミラノシカ」です。築100年を超える日本家屋をリノベーションした施設です。移住の相談窓口であり、コワーキングスペース、住民や町外からのお客さんとの交流の場でもあります。